336/570

「人工関節」置換手術 正確、安全に 普及するコンピューターナビシステム:ニュースを読んで

スポンサーリンク

「人工関節」置換手術 正確、安全に 普及するコンピューターナビシステム

このようなシステムが普及することは良いことだと思う。でも普及したら安全でよいシステムだからなにがなんでも全置換術という風潮になってもらいたくはない。患者の状況に応じた適切な治療法をしてもらいたい。

人工関節置換術で思い出したが、ここ数日、日本中を騒がせている漫画「美味しんぼ」。その原作者 雁屋 哲(かりや てつ)氏は人工関節置換術経験者しかも再置換術も経験されているとのこと。その経験談は雁屋氏のブログ(病院の食事1 | 雁屋哲の今日もまたに詳しく語られている。興味のある方は是非ブログを読んでいただきたいと思う。 上記記事や社会における様々なテクノロジーの進歩。バラ色の未来が待っているような言葉で紹介されるが本当に社会全体が幸せになれるかというと疑問符がつく。その代表が原子力発電だと思うが、いまだにテクノロジーの失敗をテクノロジーの発展という関係者の都合のよい勝手な技術でカバーしようとしている。 テクノロジーは社会にとって毒にも薬にもなる。よい技術にもマイナスの側面が必ずある。だからテクノロジーを使う人たちはその両面を理解して使わなければならないのに、たいてい都合の悪い側面は無視して使われる。 ある技術、テクノロジー等のマイナスの情報発信。それは決して社会に対してマイナスなものではなく、単にマイナスの情報を知らせない社会に対して警鐘である。マイナスの情報を否定する社会になってしまったら本当に暗黒の社会である。日本をとりもどすどころか日本がどこかへ飛んでいってしまう。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336/570