96/570

「浜岡原発は全機運転停止」首相が緊急会見:ニュースを聞いて

懐かしいですね。この方針がつづき廃炉にむけた政策がとられていれば、日本のエネルギー政策は次のステップに進めていたのに、この決定とは間逆の原子力発電所再稼動へ舵をきっています。残念です。(H27 10/12)

スポンサーリンク

「浜岡原発は全機運転停止」 首相が緊急会見

2011.5.6 19:21  msn 産経ニュースより
菅直人首相は6日夜、首相官邸で緊急記者会見を行い、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)について、すべての原子炉を停止するよう中部電力に要請したと発表した。

なんでこのタイミングと深読みしてしまうような内容である。原発の停止を要請するなら全国の原子力発電所を対象としなければいけないのに、何故浜岡原発のみなのかその意図がよくわからない。非常に危険なのはわかるが、日本において原発がある全地域が同じようなリスクが存在するわけだから、その点を無視して国民の安全のために浜岡原発を止めようと努力していますと国民にPRをしているようにしか見えない。

今回の菅総理の判断は菅総理ならびに一部関係者の判断であり、閣議で決定されたものでもなければ政府与党の意向でもない。仮に今回の要請で中部電力がその要請を聞き入れれば、今回の菅総理の行動は国民に評価されるだろう。支持率も上がるかもしれない。でも中部電力が法的拘束力がない総理の要請に従わなかった場合、総理はどのような方法で浜岡原発を停止をさせようとするのだろうか。もし何も考えていないのなら、今回の行動はただのパフォーマンスであり、東京での混乱を中部にも広げるただのお騒がせ的な行動ではなかろうか。たぶん支持率も今以上に落ち込むと予想される。

もし本当に日本国民の安全を考えているなら、緊急的な法案をつくり法的拘束力を持たせて全国の原子力発電所を停止させるべきだと思う。東日本大震災から2ヶ月がたち、その間十分に法案を作る時間はあったと思う。何故そのような努力もせず、突然に会見を開き総理の一存でものを動かそうとするのか全く理解できない。昨年の参議院戦前にいきなり会見をひらき消費税について述べたシーンとかさなる。

今回の判断が良い方向にすすむことを願う。ただ福島第一原発の放射能汚染問題をまともに処理できない状態だから期待はできない考える。消費税、TPP参加問題、政治と金の問題、震災復興、そして浜岡原発停止問題、菅総理はいくつご自身の判断を国民に投げかけるつもりか?会見を開き国民のために何かしますと堂々と発表して何一つ満足に解決できない現状で、国民の安全もあったものではない。総理の臨界点が近いような気がする。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
96/570