392/570
«

うちわ

うちわ(団扇)とは、手で扇いで風を起こす道具の一種。
一般的には扇部と手でそれを支持するための柄を備えるが、柄がなく扇部の端のくりぬいた部分に指を入れて用いる穴開きうちわもある。絵柄や文様にも様々な種類があり、広告を入れた簡易なものはペーパーファンともいい販促品として用いられている。Wikipediaより

今年の夏は冷夏だったためあまりうちわを仰ぐ光景がみられなかったが、うちわを仰ぐ姿をみるだけで、どこか日本的情緒が想起されて心が安らぐ。そもそも団扇で仰ぐと風の量を仰ぎ手が調整できるから良いのかもしれない。扇風機は風が強すぎるしクーラーは寒すぎる。エコなのも嬉しい。

スポンサーリンク

うちわ騒動

松島法相のうちわ配布で追及 蓮舫氏「違法ではないか」
2014年10月7日 18:28スポニチ Sponichi Annex 社会
民主党の蓮舫参院議員は7日の参院予算委員会で、松島みどり法相(衆院東京14区)が選挙区内の祭りの際にうちわを配布したとして「公選法違反の疑いがある」と追及した。松島氏は「討議資料として、この1年間に成立した法律の内容などを印刷して配った。公選法の寄付には当たらない」と釈明した。民主党の榛葉賀津也参院国対委員長は記者会見で、松島氏の辞任を求めた。

 蓮舫氏らが、うちわを手に「違法ではないか」と追及したのに対し、松島氏は「うちわのような形をしているかもしれないが、有価物である物品ではないと解釈して配った。政治家個人としては公選法の寄付には当たらない」と主張した。

 蓮舫氏が「法相としてはどうか」と迫ると、松島氏は「いろいろ影響があるだろうから答弁は控えたい」としたが、最終的に公選法の寄付には当たらないと説明した。

 安倍晋三首相は「こうした疑いを受ける以上、今後、配布しないことが望ましい」と述べた。松島氏は7日、配布をやめる考えを記者団に示した。

 民主党の榛葉氏は会見で「公選法に違反しているのは明らかだ。お辞めになった方がいい」と要求。菅義偉官房長官は「疑念を持たれるのであれば、必要に応じて説明を尽くすべきだ」と述べた。
公選法は、政治家による選挙区内の有権者への寄付行為を禁じている

このような内容を国会の場で議論するなんて、税金の無駄なような気がする。たしかに配られた団扇に有名人のサイン等がしてありプレミア品としての価値があるのならそれは大問題だとおもうが、テレビで見るかぎりあの団扇をもらいこの政治家に一票を入れようと考える人はかぎりなく少ないと思う。

本当に法律に違反していると考えているのなら裁判を起こせばそれでよいだけであり、国会で取り上げるテーマではないと考える。

国民は国会でこんな学級会レベルの議論を望んでいない。まったくタレントでもなってテレビの討論番組に出ているつもりなのか。もっと大切なテーマがあるはずなのに、なんでこのような馬鹿げた議題をとりあげるのか理解に苦しむ。こんな議論は内輪もめで終わりにしてもらいたい。同じうちわでも本当にさむい。エコでもなくただのエゴである。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
392/570