483/570

おもてなし

おもてなしとは客に対して心のこもった待遇や歓待やサービスをすることを言う。「もてなし」に「お」をつけて、丁寧にした言い方である。2013年9月に国際オリンピック総会で、滝川クリステルがおもてなしと発言したことから、この言葉が世界に広まった。滝川クリステルは東京にオリンピックを招致するアンバサダーとして壇上に上り、フランス語で日本のおもてなしというものを紹介した。このことにより、「お・も・て・な・し」は2013年の新語・流行語大賞に選ばれるまでになった(Wikipediaより)

スポンサーリンク

新国立競技場の建設計画

新国立競技場の建設計画が難航している。コンペで選ばれた構法では余りにも莫大な予算がかかり東京オリンピックまでに間に合わない可能性があると言う。それなら別のプランでつくれば良いと思うが、どうもそれでは管轄する文部科学省やその他今回の一連の騒動にかかわった人達が納得しないらしい。

でも国民は?一部費用を負担する東京都民はどう感じているのだろうか?国にお金がないと増税をバンバンしておいて、こんな施設一つ建設するのに1000億とも2000億ともいう巨額な費用をかけようとしている。

高齢者を首都圏から地方に移住させる

最近話題になった高齢者を首都圏から地方に移住させる提言。あと数年で首都圏に住む高齢者が爆発的に増加する為施設や人手が不足することが予想されることにより、受け入れ可能な地方に高齢者を移住させたらどうかという意見である。

仮に1000億円あれば現実的に首都圏にどれだけの福祉施設をつくり介護職員を雇用できるのだろうか。一方では有り余るお金が生まれ、一方ではお金がないとその負担を地方にまわす。どちらが本当の状態なのだろうか。

国内的には予算がないと言い、国外的には考えられない予算を支出する日本

先日、安倍晋三首相はタイやミャンマーなどメコン地域に今後3年間で7500億円規模の政府開発援助(ODA)実施を表明した。国内的には予算がないと言い、国外的には考えられない予算を支出する日本。オリンピック経費やODA予算を削減し、その削減分を地方にまわしたほうが余程日本のためになると思う。「おもてなし」オリンピック誘致が決定したときに流行した言葉である。もう一度この言葉の意味を確認して、国は誰をもてなすのか、よく考えて欲しい。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


483/570