239/570

お古の記事です(人工股関節置換術の失敗は手術エラーのケースが多い)

2年程前の記事でありますが、面白そうな内容だったのでご紹介.

人工股関節置換術の失敗は手術エラーのケースが多い

人工股関節置換術は、安全かつ長期的に股関節に関連する痛みを軽減する方法と考えられているが、絶対に失敗がないわけではない。失敗例では、多くがプロテーゼ(人工装具)の設計上の欠陥よりも手術上のエラーによるものであることが、新しい研究によって明らかにされた。

米国では、人工股関節置換術は人工膝関節置換術とともに、最も一般的な3大手術の1つとなっている。さらに、高齢者や若齢で手術を受ける患者、新しく改善された技術やテクニックなどの要因により、人工股関節置換術の頻度は著しく増加している。

今回の研究で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)整形外科・保健政策准教授のKevin Bozic博士らは、人工股関節置換術失敗の主要な原因を評価するため、2005年10月~2006年12月に実施された、最初の人工股関節置換術が失敗後に施行した再手術すべてに関するデータを含む全国的な病院調査の結果を分析。データ収集には、新しいより詳細な股関節置換の診断と処置に関するコード化システムが用いられた。
  調査の結果、5万1,000件以上の再手術が行われ、最も一般的なものは「人工股関節全置換術(THA)」であった。失敗の原因はインプラントの不安定性または脱臼が最も多く約23%を占め、次いでインプラントの「機械的な緩み」が約20%、感染が15%であった。研究結果は、医学誌「The Journal of Bone and Joint Surgery(骨・関節手術)」1月号に掲載された。

Bozic氏は「今回の研究はこれまでにない大規模な全国的なデータベースから失敗の原因に関する情報を得たもの。人工股関節置換術の失敗はベアリング表面の摩耗が原因ではなく、ほとんどが手術テクニックに関連したものであり、埋め込みデバイス自体のものではないことが示唆された」と述べている。

   米ベイラーBaylor大学メディカルセンター(ダラス)のJay Mabrey博士は「すばらしい研究である。プロテーゼよりもテクニックのほうが重要であることを示してもよい時期にきている。我々のように股関節や膝関節の置換術を数多く行ってきた者にはわかっていたことだが、これまで誰もこの種の研究は行ってこなかった。患者は、埋め込むインプラントではなく手術を行う医師に注意を払うべきである」と述べている。
米国研究製薬工業協会(PhRMA) HPより転載

スポンサーリンク

医師のテクニックってどう判断すればいいの?

素人ながら日本ではどうなの?と思ってしまう。2年前の記事だからこれ以後日本でも同様な調査が行われ、嫌嫌日本の医者は優秀だから手術上のエラーなんてあんまりないという結果がすでに出ているのかもしれない。でも人工関節治療では先進国であるアメリカで起きている問題だから同様な問題が日本でもあると考えてもおかしくはない。

このような記事を読むと医師のテクニックってどう判断すればいいのと思ってしまう。せいぜい手術実績と口コミの情報しかはいらない状態で、正確に医者の技術なんて患者には判断できない。医者を選ぶ。難しい問題だと思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
239/570