181/570

どうしても気になる手術痕から出てくる黒いカス

今日仕事が休みだったので午後プールに行った。時間があったので水中歩行と軽い水泳。前半は歩行は前方・後方歩行を各15分プラス横歩き10分の計40分行い、後半は平泳ぎ300mとバタ足200mを泳ぎ、その他かるく色々なストレッチを交えた歩行を約10分行った。前半の歩行は約1週間ぶりに行うためか、後方歩行の際に若干の痛みを感じた。しかしその痛みもただ股関節周辺の筋肉が張っていたようで、後半水泳のインターバルの際に股関節周辺の筋肉をさすっていたら消えてしまった。プールが空いていたので、のんびりとトレーニングであった。

スポンサーリンク

左股関節、脚の付け根上にある35年前の手術痕

このようなブログを書いていると、左股関節正面、脚の付け根上にある35年前の手術痕が気になる。以前この手術痕から黒い糸みたいなカスが定期的に出てくると書いたが、最近またいつものところに黒い糸屑みたいな影が見えはじめている。もう癖になっているとおもうが、手術痕に黒い糸が見えてくると、そこを押してそのカスを取り出したくなる。ギューとその黒い影の両側を押すと手の圧力で押し出されいつもその糸屑みたいなカスが出てくるが、たまに出てこないときもある。その場合はその影周辺が内出血をおこし赤く腫れ上がってしまう。だからそのカスを出す時期が大切であり、よく見極めて行わないといけない。

手術痕から出てくる黒い糸屑みたいなカスを出しても出さなくても身体には何も影響がないと思うが、心理的に黒い影が見えてくると出したくなる。これは私のへんな癖であり、ここ数十年このようなことをして黒い糸屑みたいなカスを押し出し、これが最後のカスだろうと思いつつ行ってきた行為である。

今回の影はまだ色が薄いので、まだ出てこない感じであるが、先日駄目だろうと思いつつ試しにそこを押してみた。予想どおり駄目だったが、黒い糸みたいな影の存在は確かめられた。また数ヶ月もすると黒いカスの頭が手術痕の傷後にあらわれてきて、そこを押すと数ミリの糸屑のみたいな黒いカスが出てくるだろう。いつまでこの黒い糸屑みたいなカスが出てくるだろうか。本当に不思議である。
参考:3月3日投稿記事手術痕 

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
181/570