110/570

はじめてのカイロプラクティック

最近利用した市営の公共浴場で1,000円で施術してもらえるカイロプラクティック体験の広告が貼ってあったので、今日ためしにその会場に足を運んだ。今まで骨格をいじくるカイロプラクティックはなにかわけのわからない人に関節をいじくられるという先入観からか施術をうけた経験がない。だから今回はほんとうにはじめての体験である。

スポンサーリンク

カイロプラクティックを体験して

会場は和室で男女2名の担当の方がスタンバイしていた。ラッキーなことに訪ねるとすぐに施術をおこなってくれた。

問診表に記入後、まずは鏡の前にたち姿勢の確認。左右の肩の落ち方と腰の位置から全身のゆがみを確認。予想どおりゆがみ発見。

それから首を左と左に回して左右の回り度合いを確認。おなじように上半身を右と左に回して確認。これも右と左ではまわる度合いが異なっておるとのこと。
それからうつ伏せになり、左右の脚の長さの確認。左脚が3センチほど短いとのこと。3センチは想定の範囲内かな・・・・。

最初に足首を回して関節をほぐしもらった。足首をまわすことは脚の各関節をゆるませる効果があるので毎日やったほうが良いとのアドバイス。

だいぶ脚の関節がゆるんできたところで腰から背中の状態をみてもらい終了。
最終的に脚の長さはほぼ同じになったと担当の方は言われていたが、筋肉の状態が悪い姿勢の状態のままなので、また何日かするともとに戻ってしまうとのこと。

お試し体験なのでそんなにきついメニューではなかったが、今日わかったことは、身体のバランスがよくない状態で痛さがないということはやっばり怖いということ。痛さは身体の反応だから痛さがない状態はある意味異常ともいえる状態なので気をつけたほうがよいとのアドバイス。骨盤のゆがみもひどいらしく本来ならけっこう身体に痛みが起きてくるのだが、私の場合はやはり本来痛みを感じる箇所で痛みを感じないみたいで、途中何度も担当の方が首をひねりながら試してやっていたような感じだった。

股関節も本来なら常時痛みがあっても仕方ない状態なのに、たぶん脳が痛みを感じないのか、それとも神経系になにかしらの異常があるのか?以前知り合いで小児麻痺の子どもにボランティアでマッサージをしている保育士の人からマッサージをうけた際、冗談まじりに小さい頃から関節に異常があって痛みの状態が続いているから脳がそれに慣れてしまって痛さを痛さと感じなくなっているかもしれないと言われたことがある。

身体を矯正することで正常な感覚をもどすことは良いことなのかもしれないが、それは痛さを呼び戻す行為なのでやらないほうが良いのかもしれない。でも身体のゆがみもこわい。正直どちらの選択がよいのかわからない。もっと痛さのメカニズムがわかればこんな苦労をしなくても良いのに、ふとそう思ってしまう。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
110/570