202/570

まどろみの中の準備運動

今朝の目覚めは良かった。まどろみのなかで左足首をまわす。たいていポキポキと足首の関節がなる。左足の次は右足と交互に足首を何回かまわした後、足の指をできるだけ開いたり、閉じたりする。

毎朝の身体の始動は、左足首からはじまり、次に足の指先からうつり、また足首にもどり足全体の調子をうかがうことからはじまる。たいてい筋肉痛の日とか脚全体にだるさとか股関節・腰等の痛みのある日は、この朝一番の軽いうごきでなんとなくわかる。

そういえば以前ボランティア団体の「のぞみ会」に一年間だけ入会したとき、その支部の方が自身の股関節を20年近く前に人工関節に入れ替えたが毎朝の屈伸等のストレッチ運動によりいまだ再置換もなく過ごしていると言っていた。その時はただなんとなくその言葉を聞いていたが、現在毎朝足首や脚を動かしていると、その言葉の意味するおもさがなんとなく理解できる。

スポンサーリンク

いつまでの足が痛みなく動かせるように

二十代の頃は多少脚が痛くても布団から飛び起きうごけたが、歳をかさね関節のうごきが悪くなるといきなり朝一番に身体をうごかすことはむずかしくなる。だからまどろみの中での準備運動が大切になる。足首をまわし、脚の指先を開き、伸ばした状態で脚全体を右側に45度程回したり同じように左側に回したりする。布団のなかで聞くクラッキングの音。ひどい時は足の全関節がポキポキと動かすたびに鳴りつづける。本当は関節を鳴らすことは良くないのに、毎朝足首等の関節を動かすたびに、まどろみのなかで関節から叫びというか目覚めのというか、それとも警鐘なのか、関節からクラッキングの音が聞こえてくる。また明日もまどろみのなかで同じように足首の関節を回し関節から聞こえてくる音を聞くだろう。いつまでの足が痛みなく動かせるように、その音を聞きつづけたいものである。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
202/570