523/570

もとに戻るか?ニュースより

傷んだひざを再生する臨床研究始まる

NHKニュース

ひざの激しい痛みが続く「変形性ひざ関節症」の患者に、軟骨を作り出す患者自身の細胞を移植して傷んだひざを再生する、新たな臨床研究を東京医科歯科大学のグループが、今月、スタートさせました。研究グループによりますと、対象となる患者は、40代から50代を中心に推計40万人に上るということで患者が、スポーツや体を動かす仕事を再び出来るようになるのではないかと期待されています。

続き

・・・・・・・

今回の治療法は

今回、対象となる患者は、「変形性ひざ関節症」の中でも半月板と呼ばれる軟骨がずれて、傷ついたことが原因の人です。
臨床研究では、まず、ずれた半月板の位置を元に戻し、この際、ひざの中にある「滑膜幹細胞」という、軟骨を作り出す細胞を取り出します。そして、試験管の中で、およそ5000万個にまで増やしたあと、患者のひざに注射して傷ついた半月板の周囲などに移植します。すると細胞が、軟骨に変化して半月板の傷ついた部分を再生し、ひざが健常な時の働きを取り戻せるということです。研究グループでは、ことし中に、10人の患者にこの治療法を行う予定で、募集は、すでに終えたということです。

スポンサーリンク

企業 もとに戻るか?

マックの試練…四つの理由と三つの壁(1)

2015年08月27日 Yomiuri onlineより

日本マクドナルドは、2015年6月中間決算で最終損益が262億円の赤字となった。2015年通期でも、380億円の純損失が予想されている。直近の業績を見ると、7月の既存店売上高は対前年比で12.6%の減少。中国・上海で起こった期限切れ鶏肉問題の発生から1年が経過して、8月以降は、既存店売上高がプラスに転じるとみられている。続き

ワタミ過去最悪の赤字 続く客離れ、稼ぎ頭の介護も低迷

2015年8月11日Yomiuri onlineより

 居酒屋チェーン大手ワタミが11日発表した2015年4~6月期決算は、営業損益が9億円の赤字、純損益が15億円の赤字だった。いずれも前年同期の赤字幅から拡大し、1998年の上場以来、過去最悪となった。ブラック企業批判などから、主力の「和民」で苦戦が続くほか、稼ぎ頭の介護事業も赤字に転落した。

 続き

東芝、辞任した副社長が今も常勤する不可解

2015年08月25日 東洋経済 onlineより

一連の不適切会計問題を受け、歴代社長3人と取締役6人が辞任した東芝(7月21日付)。これは明らかな「引責辞任」であり、残務処理を終えて速やかに会社を去った、と考えるのが常識だろう。たとえ余人をもって代えがたい有能な人物であったとしても、引責辞任とはそういうものだ。ところが、東芝ではそんな常識からはかけ離れた人事が行われている。

続き

様々な企業が巨大化して経営が苦しくなると経営者を変えたり商品の価格を下げたり苦渋の対応をおこなってくる。栄華を極めた時期に戻れるか?

人も企業も同じ

経営がおかしくなった企業。組織の再生力がもしあれば売上げがもとに戻る可能性があると思うが、組織の再生力のない企業はつぶれていく。人間の軟骨のように動けなくなればなるほど状況は悪化して治療困難となる。企業を再建できる良きドクターはいるのだろうか。

人の軟骨も企業と同じく自身の再生力で蘇ることはできるのか。アプローチの仕方をかえてケアを行えば痛みを緩和できると思うが、どうしても軟骨イコール再生不能という定義が最初にあって、軟骨イコール再生可能という定義は論外という風潮である。

企業は経営がおかしくなれば倒産になる。社会的に違う企業が倒産した企業がおこなってきた企業活動を変わり、おこなっていけばそれでよいが、人の身体はそんなわけにはいかない。

テクロノロジーの発達により、駄目なら替えてしまおうという発想が最近特に強くなってきているような感じがする。関節しかり経営者しかり労働者しかり・・・・。もっと根源的な原因を突き止めて、ひとつひとつ違った対応を行えばもとに戻るかもしれないのに・・・・・。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
523/570