143/570

やっぱり筋肉痛

筋肉痛の話。米大リーグのイチロー選手に関する記事も書いてあります。数年前の記事です。最近の記事は以下の投稿記事を参照してください。

ルーティンとストレッチ
月の一回のカイロプラクティックの日。先月の診断では背中の筋肉の状態がよくなくガチガチに固まっているとのことだったが、今日の診断ではだいぶ良くなっているとのこと。これも前日のプールでのストレッチの効果な...
スポンサーリンク

今日は予想どおり筋肉痛

昨日の予想どおり今日は筋肉痛であった。朝布団のなかで身体が痛い。左脚の節々が痛く、意識がもうろうとした状態で左足首をグルグルとまわしていた。以前ブログで書いたと思うが、足首を回すだけでけっこう筋肉の緊張がほぐれてきて楽になる。ゆっくりゆっくり何回かまわした後、足首のくるぶしの周辺および足の甲にある親指と一指指の付け根下にあるリンパのツボを刺激する。たいていこのような日は、この3箇所周辺を押したりさすったりしていると目がさめる。激痛というかなんといも言えない痛みというか刺激が頭のなかを駆け巡る。そうこうしているうちにうくらはぎや膝の裏側を押すともう天国にいったような感覚で逆に意識がモウロウとしてしまう。特に足がだるい日は膝の裏側の中心から外側にあるポイントを押すとたいてい痛く、そこを何回か刺激をしていると足が楽になる。

私の場合、左脚のツボを押すのは右脚の親指の役目である。押すというより右足親指の上の左足の足裏を乗せるといったほうが正しいが、このほうが寝ながら足裏の刺激できるので非常に楽である。

今日もそのような感じで左脚のツボを押したり、さすったりしながらようやく起きた。本当は寝る前にきちんと全身ストレッチ、足ツボやふくらはぎが太股のマッサージ等をしていれば、このような状態にならないのだが・・・・痛くなるたんびにそのように思う。

イチロー8戦連続安打でマ軍勝利 11日以降の打率・470
2011年6月20日 17:00 (ZAKZAK/夕刊フジ) MSNより
  マリナーズのイチロー外野手(37)は19日、本拠地シアトルでのフィリーズ戦に「1番・右翼」で先発。4打数2安打で、打率を・277にあげた。試合はマリナーズが2-0で勝った。 0-0で迎えた6回1死後、イチローは一塁強襲安打を放ち、8試合連続安打をマーク。2死後、3番スモークの右前打で先制のホームを踏んだ。8回にも右前打を放った。1回の第1打席は遊直。3回の第2打席は空振り三振だった。
極度の不振に陥った今月10日、イチローは今季初めてスタメンを外れたが、休養明けの11日以降、8試合で34打数16安打の固め打ち。そのうち7試合で複数安打を放ち、この8試合の打率は驚異の・470だ。ピンチだった「11年連続シーズン200安打」へ再びペースをあげてきた。

イチローが復調をしてきた。本当にうれしい。以前NHKで放送されたイチローの特番を見たことがあるが、イチローは遠征に足裏の揉み器持参で出かけるみたいである。試合後、ホテルに真っ直ぐ帰り独り雑誌を読みながら足裏を刺激する姿が、その番組でながれていた。

イチローですら自身の足裏の疲れを気にする。足の悪い自分は、野球ではなく身体の管理の仕方でイチローを見習わなければならないと思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
143/570