403/570

クリーンな政治とは

最新関連ニュース

スポンサーリンク

クリーンな政治とは

【小渕氏辞任】「期待はずれ」「クリーンなイメージが…」働く母親からは落胆の声も
msnニュースより
「さらに説明を」「クリーンなイメージだったのに」。小渕優子経済産業相が政治資金問題の責任を取って辞任したことに、関西の有権者の間では繰り返される「政治とカネ」の問題に厳しい批判が渦巻き、2児の母である小渕氏と同様に子育て経験のある女性からは落胆の声も漏れた。
「自分たちの税金を国会議員がみんな不正に使っているのではと勘ぐってしまう。身が潔白な人だけが大臣や議員になって国会活動をするべきだ」
小渕氏の若さに期待していたという神戸市長田区の無職、津田茂忠さん(74)は「期待はずれだ」と憤る。
京都市左京区の和裁士、釣谷利子さん(61)は「お金は政治で1番クリアにしなければならない部分。政治家は扱う金額のケタが違うので一般市民とは感覚が違うのかもしれない」と冷ややかに話し、和歌山市の主婦、川崎真由美さん(37)は「これ以上追及されるのを避けているようにも見える。さらに説明する責任があるのでは」と厳しい見方を示した。

 小渕氏は、急逝した父親の小渕恵三元首相の地盤を継いだ2世議員で、好感度も高かった。「小渕元首相はクリーンで誠実な政治家というイメージがあっただけに、残念」と話すのは大阪市中央区の雑貨店経営、佐藤博さん(71)。奈良市の主婦、有馬喜代さん(93)は「本人が知らないところで後援会がやったことだとは思うが、大臣だけでなく、議員も辞職しないといけないくらい、大きな問題ではないか」と話した。

 一方で、「女性の登用」は安倍晋三内閣の目玉人事だっただけに、同性である女性からは惜しむ声も。大阪・淀屋橋で働き、1歳の男児の子育て中という保険関係の会社員、高橋輝枝さん(46)は「子育てしている小渕さんの生の声を、大臣の仕事に生かしてほしかったのに…」。京都市北区の主婦、川中紗千江さん(77)は「これから先、活躍する女性の代表となってほしかった」と声を落とした。

 滋賀県日野町の団体役員、竹村喜一郎さん(63)は「社会での女性の活躍は大歓迎だが、安倍首相は少し『女性登用』という面を意識しすぎたのではないか」と話した。


小渕優子経済産業相の関連政治団体が、後援会員らの観劇費の一部を負担した疑いが指摘されている問題で、その責任をとり今日大臣を辞任した。

毎回毎回政治家の足をひっぱる政治資金規正法。たぶんこの法律が日本の政治低迷の元凶といえるのではないかと思う。いい加減この規正法を撤廃してもらいたい。

クリーンな政治家とはどのような人を指すのだろうか?多少お金の使い方が不透明な部分があっても政治家として立派に仕事ができれば、クリーンだけで何もしない政治家より何倍もよいと思う。

小渕衆議院議員が優れた大臣だったのかは未知数であるが、クリーンなイメージだけで政治家の資質を判断すること自体ひじょうに無理があるはなしである。

今回の件も脱税とか贈収賄をした話ではないので同じ政治と金の問題にしても違法性の色が違う。だから何故こんなに騒ぐのか不思議である。修正申告をして結果を報告すればよいだけの話である。もし問題があるのなら次回の選挙で有権者に判断をあおげばよいだけの話ではないかと思う。

いい加減、スキャンダルな報道で政治家の足をひっぱることは止めたほうが良い。政治家の資質は選挙のみで判断する社会構造にしなければいけないと思う。小渕衆議院議員は世代的に若く働く女性のリーダーとなれる人材である。そのような人材をこのようなくだらない騒ぎで潰すほうがよほど問題だと思う。人を許す社会にしなければ殺伐とした世界しかつくれない。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
403/570