396/570

ゴジラ

数日前にテレビで映画「ゴジラ」が放送されていた。ゴジラ映画は何本もあるが、今回放送されたゴジラはそのシリーズ第1作となる記念すべき作品。なにやらリマスター版とかいうふれこみで放送されていたが、どこがどう変わったのかよくわからない状態であった。

スポンサーリンク

ゴジラは核兵器の化身

肝心なにはストーリー。うーんやはりゴジラは核兵器の化身。核兵器の被害を受けた日本が再度核兵器の化身となったゴジラの襲撃をうけ、まだ日本は戦争は終わっていないんだという強烈なメッセージを送っている。怪獣ものといより完全に戦争映画であり、ゴジラの襲撃を敵国からの襲撃にすり替えてしまうと別の映画になってしまう。

さらに結末が核兵器の化身であるゴジラを倒すのが化学兵器の化身である科学者であり、ゴジラと共にその科学者は海のなかで自らの生命を絶つ。

核兵器と共に化学兵器が人類の脅かすものだというメッセージを残し、科学者の死において人類の危機は科学の発達で乗り切れるという科学万能主義までも否定している。安易な怪獣映画ではない戦争映画であるゴジラ第1作。3.11以後、日本にゴジラがあらわれて日本人の生活を脅かしているのに、その存在を見て見ぬふりをしている人が見てほしい映画である。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
396/570