319/570

サプリメント関連情報

富士経済、健康食品とシリーズサプリメントの機能志向食品市場調査結果を発表
健康美容食品調査(2)~機能志向食品:健康食品、シリーズサプリメント~
日経プレスリリースより転載

“骨・関節サポート””ダイエット”など効能訴求 機能志向食品市場を調査

.骨・関節サポート
 2010年     前年比     2011年見込     前年比
428億円     116.9%  476億円       111.2%

骨・関節サポートは、カルシウム、グルコサミン、コンドロイチンなどを主成分として、骨形成や関節痛対策を訴求する健康食品、シリーズサプリメントを対象とした。

 カルシウムは、不足している必須ミネラル成分として認知度が高い。また、近年では中高年層の関節痛対策として、グルコサミン、コンドロイチン含有商品の需要開拓が進み、注目度の高い市場となっている。

 2010年の市場は、前年比16.9%増の428億円で、2年連続の2桁成長となった。2011年も、前年比11.2%増の476億円が見込まれる。人気商品へ需要が集中する傾向が強まっているものの、今後、参入企業の更なる増加や既存ブランドの積極的な展開が考えられ、関節痛対策の予防需要も開拓することで、2012年の市場は500億円を上回ると予測される。

 成分別に見ると、グルコサミンが市場の75%を占めており(2010年)、旺盛な需要と参入企業の積極的な展開で2012年には80%超が予測される。一方、カルシウムは乳製品など食品による接取の定着やグルコサミンへの需要流出で減少していく見通しである。

スポンサーリンク

関節痛にサプリメントは効くのか?

関節痛にグルコサミンとかコンドロイチンが効くのか正直わからない。利用したことがないからであるが、それ以前にこのようなサプリメントを飲みたいと思わないからである。サプリメントで関節痛が治るなら医者も人工関節も要らないとおもうが、実際人工関節の需要は近年急速な伸びを示している。もしほんとにこのようなサプリメントの効果があるのなら、サプリメントの利用拡大で関節痛の患者が減り、人工関節の需要も減ると考えられるが、実際はその結果と真逆の結果である。

関節痛は関節部周辺の筋肉の凝りと血行不良から徐々に関節部周辺の筋力が低下して、その結果関節に無理な力が加わり関節が炎症を起こすものだと理解している。だから関節痛はあきらかに関節部周辺の筋肉のトラブルが起因しているので、単に軟骨の磨り減りだけを誇張して宣伝をするのはおかしいとおもう。

現在のCMは、その情報自体間違っていないと思うが、あきらかに関節痛に関する情報が欠けているものである。もうすこし関節痛にかんする発生メカニズムを説明したうえで、効果がある部分と効果のない部分をきちんと説明すべきだと思う。あまりにもCMがスポットすぎる。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
319/570