460/570

ノロにご用心

ここ1週間プールに行っていない。高齢の父がウィルス性胃腸炎になり、その世話に追われたためである。高齢者がノロウィルスに感染する。危険だとは聞いていたが、こんなに厄介なことだとは全く想像していなかった。

スポンサーリンク

怖いノロウィルス

風邪が胃に入ったみたいと父が言っていたのは、症状がひどくなった日の朝のこと。朝飯も食べず昼もほとんど食べない状態で夕方頃から何回もトイレに行く。何回もトイレに行く様子をみてノロではないかと半信半疑の状態で注視していると、だんだん症状がひどくなり立って歩けなくなくなる。やばいと思い這わせながら父を寝室に連れていきベッドに寝かせ、慌てて薬局に行き経口補水液を買ってくるとベッドの上で父が口から嘔吐物を吐き出し意識を失っている。その光景にはちょっと寒気がした。やばいやばいと思いながら父に大丈夫?と呼びかけると幸いにも意識があり反応がある。

その後経口補水液を二口か三口飲ませ、イチゴを一個無理やり食べさせたら落ち着きベッドで寝てしまった。

そのときから2日間、下着についた汚物処理とトイレ掃除に明け暮れた。ノロウィルスは水やアルコールでは死なないということは知っていたので、強酸性の洗剤でトイレの使用のたびに掃除をして、下着類は脱色覚悟で漂白剤の原液を下着にかけ汚物を完全に分解させてから洗濯をする。さらに自身が感染してしまう恐れがあるので、ヨーグルトやヤクルト等免疫力を高める食べ物を普段の倍以上とることに努めた。

父の症状が落ち着いた頃にプールに行こうかなと思ったが、過去プールに行った後によく風邪を引くことがあったので、ここで身体の免疫力が下がったら即ノロに感染してしまうと思い、あきらめた。

今回本当にノロは怖いと思った。特に高齢者。もし父が独り暮らしだったらゾッとする。本人が症状に気づき救急車でも呼べばまだ良いが、寝てれば治ると思い込み、独り苦しみながら寝ていたら脱水症状が悪化して命を落とす危険性もある。この時期にノロとは珍しいが、本当に病気はある日突然襲ってくるものだとつくづく思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


460/570