30/570

バタ足練習の効果

プールでのトレーニングでバタ足を取り入れたことにより脚の痛みに効果があったことを紹介しています。

スポンサーリンク

2年前の痛み

今日のトレーニング

・平泳ぎ 300m
(平泳ぎは腰・股関節の負担がかかると言われていますので、ご注意を!)
・クロール 250m
・バタ足  100m

2年程前、左脚の太股や臀部の筋肉痛および関節部周辺のジワジワとした痛みがあり悩まされていた。痛みは、ちょっと我慢すれば問題ない程度で天候やその日の体調で痛みの度合いも変化するきわめてあやふなものであった。いままで何度もそのような症状があらわれていたが、たいてい気温が急に下がったり等の痛みを引き出す要因があり、その要因がなくなると痛むが引くものであった。でも2年前の痛みは、頻繁に継続的に起こってきたので、「あーついにくるときがきやのかな」と内心心配になっていた。

その当時、プールには週2回~3回通っていたが、もっぱら平泳ぎと歩行中心で、それ以外の泳ぎ・運動はしていなかった。平泳ぎもプールに通いはじめた当初全くできず、はじめた理由もプールに行ってただ歩いているだけだとつまらないなのという些細なものであった。それも数ヶ月かけて何とか泳げるようにした有様なので、極めて金槌にちかい状態だったわけである。

痛みがではじめた2年前、ちょっと気合をいれて関連本やHP・ブログ等を調べ始めた。NPO法人である「のぞみ会」は以前から知っていたが、それ以外のブログを書かれている患者の方や医療関係者のことは全く知らなかったので、サイト上に役にたつ知識・情報がたくさん流れていたので本当に驚いた。このときになってはじめて平泳ぎは、股関節・腰に負担をかけるのでよくないということ、バタ足とクロールは変形性股関節症の運動療法にはよいということを知った。バタ足にかんしては、以前、プールで練習をしようかなと思ったことは何度かある。でも毎回バタ足の泳ぎの練習をすると、水中で浮かんでいるだけで何回も何回も脚を上下に動かしても水しぶきがあがるだけで1mも前にすすむことはなかった。だから毎回練習を止めてしまった。

バタ足練習にチャレンジ

2年前は、痛みがあってか必死になりバタ足の練習をした。最初は泳いでも前にすすまないのだが半端ない疲れがあった。膝を曲げ水しぶきをあげて泳ぎながらも、プール4分の1、プール半分と泳げる距離を延ばしなんとか25mバタ足で泳げるようなった。25m泳げるようになるのに数ヶ月の時間がかかった。(膝を伸ばしてバタ足をすると効果抜群。プールから帰ると即効で眠れます。)

さて結論から言うとバタ足での練習の結果、痛みが本当になくなった。すごい効果があったと個人的に思っている。今回のケースは、たまたま痛みが引いただけであり、個人差があるので誰でもこのような結果になるとは思わない。本当なら専門のトレーナーが練習メニューを作成して身体の状態をみながらすすめていくがベストだとおもうがトレーナーがいない。だから休み休み筋肉の疲労をとりながら、すこしずつ身体を変えてしてくしかない。無理はしないほうが良いということですね。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
30/570