432/570

パリパリ

昨日身体に張りがあったので、ひさびさになじみのマッサージ店にいき脚を揉んでもらった。ここ一週間右脚の筋肉に張りがあり、プールに行くのも控えている。

いつもここでマッサージしてみてもらうと正常な右脚のほうが左脚より凝っていると言われる。普段から左脚をかばうような生活をしているからそうなるのだが、子供の頃からの癖なので直しようがない。

左脚と右脚の違いは、関節の変形具合と筋肉のつき方。関節が正常なほうは筋肉の張りがつよく、関節の変形のあるほうは筋肉の張りはあまりない。正直筋肉がつかない状態なのかもしれない。

スポンサーリンク

パリパリ

1 張りがあったり、こわばっていたりするさま。「―(と)したおこげ」

2 裂いたりはがしたり、はじけたりする音や、そのさまを表す語。「セロハン包みを―(と)破る」「薄いタイルが―(と)砕ける」

3 固く薄い物などをかむ音や、そのさまを表す語。「せんべいを―(と)食べる」
コトバンクより

今日ネット上に 「なぜ「チョコモナカジャンボ」は3倍も売れたのか」という記事が掲載されていた。チョコモナカはよく食べるアイスであるが、森永製菓の「チョコモナカジャンボ」が売上高は14年連続で増加中であり、アイスクリーム類の年間単品売上高は10年連続トップとはなんとも驚きである。

記事はマーケティング担当者のインタビューである。発売当初はそのようなヒットでなかったが、ボリュームアップに伴うネーミングの変更とモナカのパリパリ感が最大の要因らしい。特にそのパリパリ感を維持するため開発から営業まで日々努力しているとは、またまた驚きである。

記事によるとそのパリパリ感はモナカ裏側のチョココーティングに秘密があるらしい。早速近くのコンビに行きチョコモナカを購入して試食。確かにモナカにチョコのコーティングがしてあり改めて食べてみるとパリパリ感が新鮮である。

そういえば他のアイスモナカのモナカの皮はふにゃとして柔らかい。それはそれで個人的に好きであるが、ここのモナカは確かに違う。

「パリパリ」は張りがあったり、こわばっていたりするさまをいう。チョコモナカはパリパリ感があったほうが良い。でも人の身体は柔らかいほうがよい。張りがあっては自身の健康管理が甘いと言われてしまう。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
432/570