347/570
»

ヒモ

昨日、久々にプールに行った。約3週間ぶりのプール。前回行ったのが丁度水着の紐の結び目がほどけず、水着をつけたまま帰宅後、水着の紐を切り水着を脱ぎ捨て体調を崩した日である。
そして昨日新しい紐を水着に通してその水着を履いた。本当にひさしぶりに平泳ぎ、クロール、背泳ぎと200mづつ泳いだ。本当に泳ぐことは気持ちが良い。

スポンサーリンク

ヒモ

紐というとろくに働きもせず、女性に金を貢がせたり、収入をあてにしたりする男性も「ヒモ」と呼ぶ。男性ならば一度は憧れる状態であるが、このヒモの語源として海に潜りあわびやサザエ等を獲る海女(あま)から来ているといわれている。
海女は水深の深い所で貝類を獲るため一刻も早く潜らなければならず腰におもりを付けて通常より早く潜る。自身の酸素量が少なくなると腰に付けているヒモを引き合図すると船の上で待っていた男がヒモを引き海女を引き上げるという。すなわち何もせずに船の上で待っているだけの男。つまりこの男がヒモだという。

財布のひも

 24%が消費増税価格転嫁できず 財布のひも固く
経済産業省中小企業庁は23日、消費税増税による価格転嫁について、事業者に書面調査した結果を公表した。消費者向けの取引では、増税分を一部か全く転嫁できていない、と答えた事業者が全体の24・3%に上った。理由には「景気が回復しておらず、まだ消費者の財布のひもが固いため」が半数近くを占めた。
全体の19・3%が「一部を転嫁できている」、5%が「全く転嫁できていない」とした一方で、69・3%は「全て転嫁できている」と答えた。
全く転嫁できていないとした事業者の割合は、サービス業が6・8%で最も多く、建設業が3・9%で続いた。2014年5月23日 17時42分:経済(TOKYO Web)より

引き上げのタイミング

日々海女のように腰にヒモをつけられて泳がされている感じである。引き上げるタイミングがむずかしいみたいであるが、引き上げるたびに体力が落ちてしまう。ヒモをほどきたいが結びが見えない状態である。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
347/570