308/570

ビタミンK

最新関連記事

スポンサーリンク

ビタミンKって!? 意外と知らないビタミンの秘密

ドロドロ血液が気になる現代人の健康に働きかけるナットウキナーゼのサプリにも注目
PRONWEB WATCHより転載
 

 炭水化物やタンパク質などと並び、体に必要な栄養素として話題になるのがビタミン。 このビタミンには様々な種類があり、A、B群と呼ばれるもので8種類、そしてC、D、Eと続きビタミンKというものも含めると、合計で13種類存在すると言われている。

 この各種ビタミンの中で、ちょっと聞きなれないのがビタミンKではないだろうか。納豆のネバネバに多く含まれる成分で、骨へのカルシウム定着や血液凝固に関与する成分だ。一方で、納豆には血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解(溶解)する成分であるナットウキナーゼが多く含まれているにも関わらず、血栓症の治療及び予防に用いられるワルファリン(商品名:ワーファリンなど)服用者が、納豆の摂取を控えるようにお医者さんから指導されるのは、このビタミンKも多く含むことが原因である。

 こう聞くとビタミンKが悪者のように聞こえてしまうが、実際には“正常な血液凝固”を促進する成分として、体に必要な栄養素の一つであり、決して納豆の摂取を控えることは望ましくない。ただ、ビタミンKが血栓症の方が服用されているワルファリンの効果を減らしてしまうのは事実で、要するにビタミンKは悪玉ビタミンでは決してなく、ワルファリンと相性が悪いというだけなのだ。
 

 また最近は、血栓が気になる方やワルファリンを服用している方は、ナットウキナーゼのサプリメントも販売されているので、こうしたサプリを利用するのも効率が良いだろう。納豆では、ナットウキナーゼの活性が、その運送期間や賞味期限などにより変化してしまうが、サプリなら安心して血栓症を予防することができる.

参考納得できる納豆の話:納豆とビタミンK2
この記事を読んだ後に思わず納豆を食べてしまった。以前、骨に関連してビタミンDについてブログに書いたことある。

ビタミンDは骨・歯の成長および健康維持等、カルシウムやリンの吸収を促進し骨や歯への沈着を助ける作用があると共に、血液中のカルシウム濃度を調節し一定に保つ働きがあるといわれている。主に魚に多く含まれる。ビタミンDが多く含まれる魚として、あんこう肝、鮭、にしん、さんま、鯖、しらす干し、イワシの丸干し、ウナギの蒲焼等があげられる。あん肝以外はスーパー等に売られている日常よく食べる魚である。
ビタミンDとビタミンK共に骨の形成に欠かせないものだということがわかる。「納豆に焼き鮭」日本の朝食によく見かけるメニューであるが、このメニューを食べるだけでも骨の形成に役立つビタミンが十分に摂取できることがわかる。
でも納豆に焼き鮭やイワシの丸干しという組み合わせはよく見かけるが、納豆にウナギの蒲焼という組み合わせは聞いたことがない。共に独特の匂いがあるからなんだろうか?今度機会があったら試してみようと思う。どんな味なんだろうか?

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
308/570