531/570

プールサイドから聴こえる歌(トレーニングメモ)

今週2回目のプール、歩行にしようかなと思ったが、首が痛いので水泳のみおこなった。

スポンサーリンク

今日はアクアセラピーという、音楽と水泳運動を組み合わせた教室が開催

9月に入ると平日の利用者の数もグーと減り、私のようなよく利用する者にとってありがたい状態になる。それでも今日はアクアセラピーという、音楽と水泳運動を組み合わせた教室が開催されていた。たしかこの教室は、以前は参加者1名だったはずなにの、今日は3名と2名も利用者増加。2コース使っている教室なので1名はもったいないなと思っていたので3名に増えて、ちょっと様になってきた感じである。

たしか以前聴いたような感じがする曲だが、なかなか思い出せない

アクアセラピーでかかっていた曲。たしか以前聴いたような感じがする曲だが、なかなか思い出せない。50メートル泳ぎ、また聴いてもアレーという感じで思いだぜない。しかたないと思いつつ、また50メートル。そんなことをしているうちに200メートル平泳ぎで泳ぎ、やっと思い出せた。そうかカーペンターズの曲ではないか。曲がスローテンポで男性が歌うと、全然違う感じになる。

今日のトレーニングの前半は、カーペンターズで終わってしまった。平泳ぎから背泳ぎ、そしていつもの通りクロールへ200メートルづづ泳ぎ今日のトレーニング終了。

アクアセラピー

それにしてもアクアセラピーと水中運動は、どこが違うのだろうか。ここのプールで行われている各教室では、水中運動のほうがかなりハードで、アクアセラピーは水の中で太極拳をやっているようにゆっくり動く。でも運動にかわりはないわけで、ちょっとその区切りが素人の私にはよくわからない。

ネットで調べると、あるHPには「母なる水を、イメージや体感認知によって五感を刺激するセラピーです。」ますますもって意味不明。

水のなかで、なさざまのイメージを膨らませて心と身体を癒していく。そう考えると今実践していることであるが、私の場合、水のなかでさまざまな妄想が膨らんでいくので、これで心が癒されていくか少々疑問である。

水のなかの風景はさまざまな心模様がすれ違う空間である。深い深い過去のこと、楽しい思い出、悲しい思い出、さまざまな記憶が交じり合う空間である。無酸素な状態で浮かび上がるイメージはなんとも弱く水の上に顔を上げると忘れてしまうほど脆いものである。そのようなか弱いイメージでも日々積み重ねると痛み負けない強大な意志に生まれ変わるのかもしれない。何かよいイメージを忘れないようにしよう。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
531/570