4/570

プール利用時間の変更

プールを利用者からの要望文。プールをスポーツだけをする施設として考えるか。リハビリ施設も併用した施設と考えるかで変わってくると思います。

スポンサーリンク

プール利用者からの要望

本日のトレーニング
平泳ぎ300m、バタ足300m、クロール100m

夕方から仕事なのでこれくらいでやめました。
バタ足をすると、腰が楽になります。1年前、全然バタ足ができなかったですが、
1年も練習をすると楽にできるようになります。1年前からみると天と地の差です。
今年の4月から私が利用するプールの平日の利用時間が午前9時~午後10時から午後1時~午後9時に変更になります。利用者数の割合に光熱費や人件費が高かったのが原因でしようか、市の予算削減の影響がもろに反映されています。

医療費の削減を本当にしたいのなら、障がい者予備軍となる人の長期間のカウンセリングと日常のトレーニングを公的サービスの一環で行うことが望ましいと思いますが、残念ながら現状の日本社会には、そのような仕組みはありません。

プールは、そのようなトレーニングをする場所として最適な施設ですが、私の住んでいる地域は、そのような意識が低いのでしょうね。プール=泳ぐ場所、泳いでいる人の立場でしか見ていないような感じがしてしまいます。リハビリ施設という発想でみた場合、プールをフルに利用するようにしたほうが住民サービスの向上につながると思います。もし身体に影響がある人がリハビリを行える時間が午前中しか空いていなかったら、どうすればいいのでしょうか?

実際の私の利用しているプールは午前中に水中歩行を行う高齢者の利用が多いので、何でこんな時間帯に変更になるのか不思議に思います。そしてすごく残念です。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
4/570