397/570

プール後に目を洗うのはNG?(ニュースより)

ちょっと古い記事ですが、今まで知らなかったので掲載します。 プールで泳ぐときそれほど長い距離を泳がないので最近までゴーグルを着用せずにいた。でもここ1、2年コンスタントに長い距離を泳ぐようになったので、泳ぎ終え着替え鏡をみると必ずといって眼は真っ赤になるようになってしまった。そんなこともあり最近はからなずゴーグルを付けて泳ぐようにしている。 でも泳ぎ終えた後に眼を全然洗っていなかった。洗わないほうがよかったとは、洗っていたらもっと眼にダメージを与えたいたということですね。よかった。

スポンサーリンク

プール後に目を洗うのはNG?

あなたの健康百科より(2013年08月06日 06:00 公開) 日本眼科医会は、プール後の水道水による洗眼を積極的には勧めていません。 以前は、プールで泳いだ後に目を洗うことが常識とされており、必死に目を洗った記憶をお持ちの方も少なくないでしょう。

しかし、2008年に慶応大学の眼科グループが「プールと同じ濃度の塩素を加えた生理食塩水で洗眼すると塩素によって角結膜の上皮が傷つく。水道水による洗眼でも、目の表面を保護しているムチン(粘膜を保護する成分)が減少し、角膜上皮のバリア機能が障害された」という論文を発表しました。

 今までの常識を覆す内容のため、マスコミにも取り上げられ、学校保健法ではプール後の洗眼を指導するように記載されていることから、学校は混乱して大変でした。

 そこで、2008年8月に日本眼科医会が「プールにはゴーグル使用が望ましい。またプール後の水道水による簡単な洗眼は行ってよいが、積極的に推奨するものではない。なお、児童生徒の体質によっては、学校医の指導のもと、プール後に防腐剤無添加の人工涙液の点眼や、簡単に水道水で目の周りを洗うなどの対応も必要」との見解を出しています。

 慶応の論文では、目の表面の細胞に対する影響を確認するため50秒もの長い時間洗眼をしていますが、通常の洗眼時間は長くても10秒くらいです。洗眼による目の表面に付いた細菌やウイルスなどを洗い流す効果を否定する資料はなく、5~10秒程度の洗眼は有用と考えられています。そのため、水道水での洗眼は積極的に勧めないものの簡単な洗眼は行ってよいとの見解です。  

 まばたきによって涙腺から涙が分泌されるため、時間がたてば目の違和感は軽減してきます。涙には、目の表面を潤して乾燥を防ぐだけでなく、目に酸素や栄養分を補給したり、目に付いたゴミなどを洗い流したり、ウイルスや細菌を殺菌・除去したり、異物の侵入から目を守ったりするという重要な働きがあるのです。

 ゴーグルを着用しないで泳いだ後、何時間も目の違和感が続く場合は、涙液と同じ濃度で防腐剤を含まない目薬を使用するのがよいとしています。防腐剤を含まない目薬を選ぶことは重要ですが、使用期限が10日以内と短いので、目薬の管理には十分気をつけてください。  このように研究が進むことで、今までの「常識」が180度覆される場合もあるのですね。 文:中野 里美(なかの さとみ)

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
397/570