222/570

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)=「ロコモ」
ロコモティブシンドロームとは、運動器(ロコモティブオーガン)つまり、身体運動にかかわる骨・関節・筋肉・神経などが障害のために、日常の活動に支障をきたし要介護状態や要介護になってしまう危険性の高い状態のことをいいます。このロコモティブシンドロームは、社団法人日本整形外科学会が提唱し、現在広く啓蒙活動を行っている言葉です。略称、「ロコモ」として認知されつつあります。また、社団法人日本整形外科学会では、ロコモティブシンドローム対策として、7つのロコチェック考案し、そしてロコモーショントレーニング(ロコトレ)(開眼片足立ち・スクワット等・その他)を推奨しております。

7つのロコチェック
1.片脚立ちで、靴下がはけない。
2.家の中でつまずいたり、滑ったりする。
3.階段を上るのに手すりが、必要である。
4.横断歩道を青信号で渡りきれない。
5.15分くらい続けてあるけない。
6.2kg程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である。
7.家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である。


財団法人 日本股関節研究振興財団HP より

スポンサーリンク

ロコモ、高齢者を対象にした発想のような感じがして、そこから洩れる人はどうするの?

財団法人 日本股関節研究振興財団に掲載されていたロコモティブシンドロームについての記事である。なんで股関節に関係する研究を助成しているある公益法人が、このように対象者が広いものに関しての啓蒙活動をしているのか正直わからない。関連性があることはわかるが、そのような啓蒙活動をする以前に変形性股関節症等の疾患に関する啓蒙活動をして欲しい。

なみに財団法人 日本股関節研究振興財団HPトップページに財団に関するミッションが公表されている。

(財)日本股関節研究振興財団は、股関節に関する研究を助長奨励するとともに、股関節疾患の最新的診断方法の普及を促進して参ります。 一方、日本は世界一の長寿国となりました。しかし、必ずしも元気なまま、長寿を全うする人が全員ではありません。統計によれば、6年間も、健康的な生活がおくれずに、病院や寝たきり、介護を受けている状態となっている人々もいます。このような方々に介護状態を軽減することが重要であります。 いつまでも元気に歩くために、特に人間の歩行に重大な機能を担っている股関節をケアすることが重要です。我が国が超高齢社会になりつつある現在、当財団も新たなる転換点を迎えており、その役割も大きなものとなりつつあると考えております。今後、当財団は、股関節の不安を取り除き、「股関節の学術研究の助長奨励」及び「健康寿命を伸ばす」ための活動をし、社会貢献を果たして参ります。
財団法人 日本股関節研究振興財団HPトップページ より

財団法人日本股関節研究振興財団は厚生労働省から認可をうけた公益法人とHPに書かれていた。当財団の決算報告がHP上で公開なされていないため、この財団が国から補助をうけているのか?事業規模がいくらなのか?事業収入・寄付収入はどれくらいか?等、運営にかんする内容がさっぱりわからない。いまどき財政状況に関する情報を一般に開示していない公益法人も珍しいといえる。正直このHPを見たときショックだったが、国の関節症や痛みをともなう疾患に関する取り組みの無さを考えればむしろ当たり前の姿なのかと妙に納得してしまった。

さて上記に紹介してた7つのロコチェック、試しに私が幾つ当てはまるかなとチェックしてみた。 案の定これにあてはまるのは、「2.家の中でつまずいたり、滑ったりする。」だけでそれ以外は当てはまらない。でも一つでも該当するとロコモだそうなので、私はロコモである。

もし社会でロコモが周知されていくと、メタボリックシンドロームのメタボのように、ロコモと言ったほうが社会で通じてしまうようになってしまうのではないだろうか?個人的にはロコモティブシンドロームの基本的視点はわるくないとおもう。でも高齢者を対象にした発想のような感じがして、そこから洩れる人はどうするのという不安は拭いきれない。

変形性股関節症の場合、成長期の10代、20・30代を経て危険領域に入る40・50代、そして老化も加わる60代以後と各年代別及び男女別の対策とそれに関連する学校・企業・地域への周知徹底が必要かと思う。決して高齢者だけの問題ではないので、高齢者のみの問題にしてしまうのは社会が問題の本質を隠すことにつながると思う。それだけは反対である。

注意:現在、上記公益法人のホームページの内容は変更されています。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
222/570