209/570

ローズマリー

野田新内閣が発足した。女房役ともいえる官房長官には藤村修氏が起用され総理共々なかなかの重量級コンビといえる。健康志向の世の中において、メタボリックシンドロームに引っかかりそうなお二人が舵をとる内閣。これから待ち受ける多忙な日々に生活習慣病にならないことを祈る。

メタボリックシンドロームにかんして、通常会社等の健康診断をうけるとお腹まわりを測定されメタボリックシンドロームの人は生活習慣病予防のため体質改善を求められる。一般的にお腹に脂肪を蓄えている人はあまり健康的ではないといえる。野田新総理のお腹は大丈夫であろうか。腹のなかに何か蓄えているのだろうか。その答えは数ヵ月後にわかるかと思う。

スポンサーリンク

ベリーロール

腹部は英語では「belly」(ベリー)と訳される。ベリーダンスのベリーであり、ここ数日テレビで放送されている世界陸上でいうと走高跳の「ベリーロール」のベリーである。ちなみにベリーロールはお腹を下にして、バーを巻き込むようにして跳ぶから『ベリーロール』(belly roll)と呼ばれるらしい。

ベリーロールというと、ローズマリー・アッカーマン(Rosemarie Witschas-Ackermann)が思い出される。彼女は東ドイツの走高跳の選手であり、1977年に女性としてはじめて2mの大台を突破したことで知られている。あれから30年以上経過している現在、ベリーロールで記録に挑む選手はいない。現在の女子の世界記録は2m9cmであるから、ベリーロールでの2m超えは本当にすごいと思う。

ローズマリー

ローズマリー
ローズマリーは、地中海沿岸地方原産で、シソ科に属する常緑性低木。生葉もしくは乾燥葉を香辛料として用いる。また精油は薬にも用いられる。花も可食。 属名 Rosmarinus は「海のしずく」を意味する。愛や貞節の象徴とされる。様々な品種があり、立性と匍匐(ほふく)性種に分かれる。花の色は、青〜紫色のものがほとんどだが、白や桃色のものもある。(wikipedia:ローズマリーより)

ローズマリーは脳を活性化させ集中力と記憶力を高めてくれる効果があると言われている。さらに嬉しいことに、炎症抑制効果、血行改善効果があり、外用によりリューマチなどの関節炎にも効果があると言われている。ローズマリーの紅茶はよくファミリーレストラン等で飲むが、まさかこのような効能があるとは正直知らなかった。変形性股関節症等、関節痛の不安を持つ人にとってたのもしい味方だといえる。

日本の政治も香り高き豊潤な政治を実行して欲しいが何故かいつも泥臭くなってしまう。泥の中の政治。泥なかではスマートでないとなかなか進まない。国民全員にダイエットを要求する前にローズマリーのハーブティでも飲んで総理自らがスマートになることが必要ではないかと思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
209/570