366/570

傘がない

最新関連ニュース

スポンサーリンク

行使容認、憲法解釈変更

政府は1日夕の臨時閣議で、従来の憲法解釈を変更し、自国が攻撃を受けていなくても他国への攻撃を実力で阻止する集団的自衛権の行使を容認すると決定した。日本の存立が脅かされるなどの要件を満たせば、必要最小限度の武力行使は許されるとの内容だ。関連法が整備されれば、密接な関係がある国への攻撃を阻止する目的で、自衛隊は海外での戦争に参加可能となる。1954年の自衛隊発足以来堅持してきた専守防衛の理念を逸脱しかねない安全保障政策の大転換となる。

47NEWS (よんななニュース) 2014年07月01日

傘がない

井上陽水 「傘がない」

都会では自殺する若者が増えている
今朝来た新聞の片隅に書いていた
だけども問題は今日の雨 傘がない

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ

つめたい雨が今日は心に浸みる
君の事以外は考えられなくなる
それはいい事だろう?

テレビでは我が国の将来の問題を
誰かが深刻な顔をしてしゃべってる
だけども問題は今日の雨 傘がない

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の家に行かなくちゃ 雨にぬれ

つめたい雨が僕の目の中に降る
君の事以外は何も見えなくなる
それはいい事だろう?
・・・・・
・・・・・
作詞:井上陽水
作曲:井上陽水

まさに井上陽水の「傘がない」状態。集団的自衛権はすごく大切な問題だと思うが、そのようなことより目の前の問題。放射能のチリや大気汚染にまみれた空気から身を守る傘はあるのだろうか?

無差別テロ、食品の汚染、覚醒剤等の薬物汚染、自然破壊、社会的制裁による人格破壊、サイバーテロ、国民の生命が脅かされる要素は他国からの武力行使より日常生活に潜む闇の部分がはるかの大きいと思う。

使い捨ての傘ではもう身をまもれない。ほんとうに丈夫な本物の傘を選ばないと駄目だと思う。何本も何本も使い捨ての傘を駄目にしてきた人達はもう気づいているとおもうが、まだ気づかない人は、ついついコンビニの安易な広告にのせられ無色透明なクリーンな傘を買ってしまう。はやく無色透明では強烈な大雨と熱線と強風を遮ることができないことに気づいて欲しい。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
366/570