301/570

先天性股関節脱臼

gooベビー より転載

先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)
股関節がずれたり、はずれたりする病気。圧倒的に女の子に多く、9割が後天的なもの。治療で治ります。

どんな病気?
股関節がずれたり、はずれたりなどの脱臼を起こす病気で、完全にはずれている完全脱臼、関節がはずれかかっている亜脱臼、股関節の屋根に当たる部分の発育が悪い股関節臼蓋形成不全の3種類があります。

3~4カ月健診で発見されることが多い
股関節脱臼は女の子に多く、男の子の約10倍の頻度で起こります。この病気が最初に発見されるのは、生後3~4カ月健診のときでしょう。赤ちゃんは脱臼が起きても、痛みもなく、泣いて訴えるということがありません。一般的に左右の太もものシワの数などで、気づかれることが多いようです。

具体的な症状は

1)ひざを曲げた状態で股を広げると股関節にポキポキや、クリッという音がする。これは股関節がはずれたり、はまったりするときに出る音の可能性があります。

2)両足を曲げて、ひざが外側を向くように広げてみると、開きが悪い。

3)両足をそろえると、太ももやおしりのシワの数が左右で違う。左右の足の長さも違う。

4)歩き始めが遅い。しかも足を引きずるように歩く。歩き始めから足を引きずるようにしているときは、脱臼の可能性があります。しかし、両側とも脱臼がある場合は、この症状ははっきりとは出ません。

赤ちゃんの自然な姿勢を妨げることが誘因に「先天性」という名がついていますが、9割以上は後天的なもの。生後間もない赤ちゃんを裸にしてあおむけに寝かせてみると、ひざを曲げ、股を開いてカエルのような格好をします。股を中心にM字形になっている、このスタイルが赤ちゃんにとっていちばん無理のない、自然な姿勢です。

しかし、赤ちゃんはもともと関節がゆるいので、股関節もはずれやすく、本来カエルのように曲がっている足を、無理に真っすぐにさせようとしたり、この姿勢を妨げるような形のおむつや衣類をつけることで、股関節の発達がうまくいかず脱臼してしまうのです。 痛みはありませんが、ほうっておくと関節が変形することもあります。おかしいなと思ったら、整形外科を受診しましょう。股関節脱臼と診断されても、治療をすればほとんどはきちんと治ります。

早めに気づいてあげましょう。  昭和30年代ごろまでのおむつは、昔風のもので、おんぶも足を真っすぐにさせていたため、股関節脱臼の子どもが多かったものです。現在はおむつも股に当てる「股おむつ」ですし、だっこも足の間に手を入れるよう指導されているため、股関節脱臼は以前よりグッと減っています。

ケアは?

股関節脱臼かどうかは整形外科でX線撮影をして調べます。検査の結果、やはり股関節脱臼だということになれば、治療が必要になります。そこでいちばん大切なのは、赤ちゃんのやわらかい骨や軟骨を傷つけずに、上手に脱臼を戻して、正常な発育ができるようにしてあげることです。 臼蓋成形不全のような軽度の脱臼や、脱臼が疑わしいという程度の場合は、当面、おむつの当て方や抱き方に気をつけます。おむつがえのときは赤ちゃんの両足首を持って持ち上げたりせず、おしりの下に手を入れて腰から全体を持ち上げるようにします。また、医師の指導を受けて足を広げるような体操をしてもいいでしょう。ほとんどの股関節脱臼は軽度のもので、このような日常の注意で治ります。

完全脱臼が疑わしい場合や、すでに股間節がはずれている場合、おむつやだっこの注意だけでは治らない場合は、治療用の装具をつけます。この装具は、リーメンビューゲルといい、簡単なバンドを肩から足にかけてつるし、赤ちゃんが足を動かしているうちに自然に脱臼が治るように工夫されたものです。 装着期間は平均3~4カ月で、生後3~6カ月の間にこれをつければ、関節がはずれかかっているだけの亜脱臼で100%、完全脱臼でも90%が治ります。 装具をつけてもよくならない場合は、けん引といって、足を引っ張る治療をします。これは基本的に入院が必要。それでも治らない場合もあり、全体の3%が手術が必要になります。いずれにせよ、信頼できる整形外科医の指導のもとで、根気よく治療を続けましょう。 先天性股関節脱臼の子どもは脱臼が治っても、将来関節が変形して、痛みを訴えることのないように、同じ病院でみてもらう必要があります。

スポンサーリンク

幼児期の股関節脱臼はいつまでも謎

新年ですから基本に戻り股関節脱臼について書きたいと思う。

私の場合、健診もパスしたのにもかかわらず小学校入学の前年頃からよく転ぶようになり、おかしいと思った両親が病院につれていき股関節の異常が発見された。ただ当初整形外科の先生に診断をしてもらった時にレントゲン撮影をしても原因がわからず、様々な角度を変え撮影できるレントゲン撮影で私の股関節周辺を調べた結果、ようやく股関節の異常となった原因がわかったみたいである。でも私自身詳しい内容は当時幼児だった為、わからない。

子供の頃私の疾患は股関節脱臼とばかり思っていたが、先天性股関節脱臼に関する資料を読めば読むほどこれは間違いではなかったと思っている。私は先天性股関節脱臼ではなく別の要因で股関節に異常が生じたのではないか。もしただの股関節脱臼であればあんなに何枚もレントゲン撮影をしたり、たまたま地元のスキー場に来ていた県外にある某大学医学部の教授が、自ら名乗り出て大学から医療機器を持ち込み手術執刀をしないと思う。

私にとって幼児期の股関節脱臼はいつまでも謎である。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
301/570