557/570

十三歳の頃の違和感(トレーニングメモ)

夕方プールに出かけた。平泳ぎ、背泳ぎ、クロールを各200メートル泳ぎ終了。表面上特に何も変わりなくトレーニングは終わってしまった。

スポンサーリンク

最近、右脚が太くなる

 最近右脚が太くなったように気がして少々困っている。そんなに右脚に負荷をかけているつもりはないのだが、筋肉がついてきているような気がして気持ちがわるい。本当は変形性股関節症である左股関節周辺についてもらいたいのだが、自分の気持ちとは逆に、正常な脚の筋肉が発達してしまう。

やはり泳ぎ方に問題があるのだろうか?水泳をしているときは、意識して左脚を動かすようにしているのだが、やはりスムーズに動くのは正常な右脚。右脚だけを止めて左脚を動かすわけにもいかないので、少々どうしたほうが良いか悩んでいる。

そんなことを考えながら泳いでいると、あっという間に時間がすすみ予定した距離を泳いでしまう。プールからでてジャグジーで入りボーとすると全てを忘れ、翌朝、仕事用のズボンをはくと、また全てを思い出す。この違和感、また太くなったような?ズボンの生地と脚の皮膚感が近くなったような感じ、右脚と左脚の感覚の違い、ピチピチ感、どんどんマイナスなイメージが下半身から伝わってくる。

ひょっとしたら右脚の状態は何も変わらず、左脚の筋肉が落ちているのかもしれない。泳ぐ距離もそんなに以前から変わっていないし、歩行にしても無理した距離は歩いていない。なのにこの違和感は何なのか全くわからない。

十三歳の頃の違和感

 そういえばまだ変形性股関節症と診断されれていなかった十三歳の頃のあの違和感に似ている。はたからみてもどこもそんなに太さの違いはみられないのだが、感覚的に太さの違いが気になりお風呂場で左脚と右脚の太さの違いを見比べながら、どうしようなと思い悩んだ時期。あの当時の感覚と似通った感じがする。

変形性股関節症である左脚の筋肉を増やすにはどうすればよいのか?以前のガチガチに凝り固まった筋肉からすれば十分改善されているとおもうのだが、日常生活におけて左脚と右脚の使い方、身体の重心の置き方等、年齢も重ね見直す時期にきているのかもしれない。

身体のバランスは筋肉やその時の体調により変わってしまうが、記憶はいくつもなっても変わらない。特に子どもの頃の嫌な記憶は心の片隅にいつまでもいつまでも鮮明に生き続けている。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
557/570