129/570

占い

ある講演会で聞いた話である。日本に来てまもない留学生がお花屋さんにいって、この花をくださいと聞いたら、「うらない」と店主に言われたと言う。その留学生は「うらない」という言葉の意味がよくわからなかったので家にかえり調べると、「売らない」を「占い」と調べてしまい、いたくその店主に感謝したという。何で知らない私のことを占ってくれたのかわからなかったが、とにかく喜んでいたという。売らないを占いと勘違いした留学生の笑い話である。

都内で働いていたとき、よく気分転換で道端で占いをしている人に手相等をみてもらったことがある。現在の相場は知らないが、当時は1回3,000円で占ってもらえた。生年月日と氏名を聞かれて、そこからいろいろ占ってもらうやり方が多かったが、言われることは皆似たようなものだった。たいていの占い師は、あなたは組織の合わないタイプだから組織にいたらキツイ運になってしまう言い、当時の仕事を否定された。

スポンサーリンク

学生の頃から変形性股関節症になっているのに占いではことごとく無視される疾患って何なんだろう。

さて占いにおいて、変形性股関節症のことを指摘する占い師はいまだお目にかかったことがない。これほど将来的に歩行困難および手術をする可能性がある疾患なのに、何故誰も指摘できないのか、当時はすごく不思議に思っていた。

最近占ってもらったのは、7年ほど前である。ここでも脚の話しは出ず、手術のことなど全く出てこなかった。仕事にかんしては、相変わらず組織に合わないとのことなので、当分良い仕事は見つからないというあまり嬉しくないアドバイスであった。でもここでの占い法がタロットカードであったため、タロットもおなじ結果になるのかと当時はひどく驚いたことを記憶している

占いは当たるのかよくわからないが、こと脚にかんしては、あてにならないと言える。小学生入学前の手術の影響で中学生の頃から変形性股関節症になっているのに占いではことごとく無視される疾患って何なんだろうと思う。もしかしたら本当に大丈夫であって、このまま何も痛みが悪化しないのかもしれない。そうなるといままで占ってくれた占い師全員の占いが当たっていたということになる。過去のできごとを想起して一人で喜ぶなんて、べつに占い師に花をもたせても何も出てこないのに・・・・。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
129/570