505/570

右足首が痛い(トレーニングメモ)

右足首が痛いです。そのことについて書いています。

スポンサーリンク

どうも右脚と左脚のバランスが悪い。身体の重心バランスが崩れて上手く歩くことができない

ここ1週間右足首が痛い。どうも右脚と左脚のバランスが悪い。身体の重心バランスが崩れて上手く歩くことができない。感覚として正常な右脚が長く感じて痛めている左脚が縮んでいるような感じである。だから上手く左脚に体重を乗せることが出来ず右脚一本で立っているような感じである。たぶん骨盤か背骨の歪みが原因かと思う。その影響で右脚に負担がかかり足首が悲鳴を上げているようである。

たいてい病院やカイロプラティックスで両足の長さを測ってもらうと、両足の長さが2~3センチ異なる。正常の状態で2~3センチの差であるから、身体全体の歪みがあると、この差はさらに大きくなり身体の負担も増していく。ここ数年、この感覚がなかったから油断していたのかもしれない。ここ数週間の猛暑でプールに行かなかったのが原因なのかもしれない。反省である。

プールでのトレーニング

プールに着くと、まずプールの人混みの確認。なんと今日は何故かガラガラ状態。ラッキーと思いつつ今日は歩行に専念とつぶやきながら歩行を始める。歩行はいつものパターン。背中で片方の手首をもう片方の手で握り、腕の振りを止めた状態でゆっくりゆっくり歩く。予想どおり脚の状態は最悪。一歩ごと足を踏み出すたびに太ももの付け根の筋肉が悲鳴をあげる。毎回ウッと言いそうになりながらの歩行。そうとう筋肉が縮んでいるみたいである。

前向きと後ろ向きの歩行を一通り終えて時計を見ると50分。いつもならここで終了であるが、足首の関節を緩める意味で、追加で背泳ぎを行う。案の定、バタ足をすると足首が痛い。水中で足首を回すたびに痛い痛いと足首が叫ぶ。本当に痛めている左脚より先に正常な右脚が悪くなるような感じ。右脚の膝とか足首が左股関節よりさきに悪化したらどうなるのだろうかと、泳ぎながら考える。

背泳ぎ300メートル泳ぎ、今日のトレーニングは終了。なんとか足首の痛みは治まったが、身体のバランス感覚は戻らず、あいかわらず右脚に体重がかかっている状態である。この感覚は直さないと後々右脚の損傷につながる可能性があるので、また身体の重心バランスのトレーニングをしないといけないと思う。その前に足首の痛みを完全に取り除かないといけない。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
505/570