169/570

夏風邪にご用心

風邪に関する記事です。私はクーラーが苦手でクーラーの風に当たるとすぐ風邪をひいてしまいます。

スポンサーリンク

毎年この時期の風邪をひくが、こんなに脚がしびれたのはじめてである。

この2日間風邪でダウンしていた。もともとクーラーが苦手で夏でも半袖シャツを着ないのだが、ここ1週間の猛暑で今日も暑いだろうと勝手な思い込みで半袖シャツを着た状態で出勤した。これが間違いだったようだ。仕事を開始して1時間もしないうちに腰から脚全体が重くなり同僚にわからないように脚を前後にふったり足首をまわしたりしても、このだるさは治まらずしだいに急激な寒気にかわっていった。あきらかに身体の体温調節機能がおかしくしなって風邪になる兆候である。結局昨日はなんとかごまかしごまかし仕事を終えて家に帰り、しばらく休んだら寒気はおさまった。

でも左脚全体の筋肉痛は全然よくならなかった。特にふくらはぎから左足首のしびれがひどく寝ればなんとかなるだろうと思いつつ早く布団にはいった。 布団に入ってから2、3時間後、脚のしびれがひどくよく眠れないので、なんとかしようと脚のツボを右足で思いつくままガンガン押し続けた。

まず膝の裏側の中心から外側。たいてい脚がだるいときは、ここを押すとよくなる。今回も予想どおりに激痛が身体を走りぬけあっという間に汗だらけの状態になってしまった。それから脚の甲、親指と一指指のあいだからすこし下のところにリンパの関係するツボがある。そのツボをおしながら足の甲の骨周辺をさすると、これまた織田裕二のCMではないがキターという状態に襲われる。たいていこの2点で脚の状態は改善できるのだが、今回はかなりひどい状態みたいで全然じびれがよくならなかった。

しかたがないとくるぶし周辺を押すと、ここも予想どおり激痛。たしかここは股関節に関係するツボがあったと思うが、ここがいたいということは、小指下の足の外側も痛いのではないかと恐る恐る押すと予想どおりの激痛が全身を走りぬけた。たしかここは以前カイロプラテクスの先生から骨盤がずれているとここが痛くなりますよと教えてもらった箇所。

そんなかんじで布団のなかで独り、あーここのツボはこうだよな、ここはこの臓器にきくよなと確認しながら、右足で左足のツボを押し押し大汗をかきながら朝になってしまった。脚の状態はあまりよくならずしびれもとれない状態。おまけに睡眠不足。しかたがないので、あまりしたくないのだが職場には骨盤バンドをまき一応骨盤を固定させて出勤した。骨盤バンドの効果はあったかどうかよくわからないが足首のしびれは悪化せずに無事仕事がおわり、帰宅後でしばらく休むとおさまった。

毎年この時期の風邪をひくが、こんなに脚がしびれたのはじめてである。台風の影響なのか、それとも前日のプールでの水中歩行での筋肉痛が影響したのかよくわからないが、夏風邪はほんとにスコールのように突然襲ってくる。気をつけたいものである。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
169/570