175/570

夕立に想うこと

夕方の雨から連想したミニコラムです。

スポンサーリンク

トレーニングメモ

昨日は夕方から雨が降り涼しいなかでプールを利用することができた。雨のためかこの時期にしては私以外プール常連客である筋肉モリモリのおじいちゃんしかいなかった。おかげでのんびり泳げ、ほんとうにリラックスできた。トレーニング内容は、平泳ぎ300m、バタ足200m、クロール100m、泳ぎ中心の軽めのものであった。いつも思うがプールに入ることは精神的・身体的リフレッシュにつながり、ほんとに楽になる。水の神様に感謝である。

夕立に想うこと

この時期の雨も豪雨でなければよいかなとつくづく思う。最近はゲリラ豪雨とかいわれ、とてつもない雨量が短時間に降りそそぐ光景が悪夢に変わるシーンが目につくが、一昔前までは夏の午後に降る夕立は日本の風物詩みたいなものであった。それがここ数年で夕立という言葉が使われなくなり日本の情緒そのものが消えてしまった感がある。

突然の夕立に全身ずぶ濡れになりながら慌てて家に入り濡れた髪を拭き吹き空を見渡した日々。夕立の雨音があるゆえに真夏の夜はなにか静かだったような気がする。今考えると自然の雨に濡れ、その濡れた身体を夕立時の涼しい空気で乾かすことにより、無意識に身体的精神的なリフレッシュをしていたのではないだろうか。

車の利用より最近は雨に濡れる機会がめっきり減った。自転車をよく利用していた時期は、この時期よくずぶ濡れになりながら家に帰ってきたものである。でも暑い最中にずぶ濡れになることは気持ちが良い。車のなかのクーラーで快適さを謳歌するか、自転車に乗りながら自然の雨にあたるか、その良し悪しの感覚は各人によって異なるかとおもうが、私は断然、ずぶ濡れ派である。

自然の雨に濡れること、ある意味これは無意識な禊的行為と思うが、最近は神様のお怒りか激しい豪雨によりその禊すらさせてもらえない状態である。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
175/570