170/570

外国人違法献金 首相は領収書を提出せよ:ニュースを聞いて

どうもこの頃はニュースで見る現職の総理が嫌いでした。本当は良い人なのかもしれませんが、テレビの画面や新聞・雑誌から見える人物像はなにか計算高く自分に地位だけ考える人みたいに見えていました。自分の眼で直に確かめたことは事実であり、メディアから見える世界は虚像なのかもしれません。反省です。(H27 10/13)

スポンサーリンク

スキャンダル

外国人違法献金 首相は領収書を提出せよ
2011.7.23 03:21 MSN 産経ニュースより

菅直人首相の資金管理団体が在日韓国人から違法献金を受けていた問題で、首相は返金時の領収書の国会提出を拒んでいる。前例がないということだが、理由にならない。実際に返却したことを国民に証明するためにも、速やかに領収書を提出すべきだ。/ 21日の参院予算委員会で、自民党の山谷えり子氏が追及し、首相は「過去の事例や今後のこともあり、委員会や理事会で議論してほしい」などと人ごとのような答弁を繰り返した。/ このため、審議が7度中断し、2次補正予算の成立が25日以降にずれ込んだ。領収書提出は予算委理事会の決定事項だ。前田武志予算委員長(民主党)も「誠実な答えを」と促した。それにもかかわらず、領収書提出を拒否した菅首相と民主党の対応は、国会軽視も甚だしい。/ 首相が在日韓国人男性から計104万円の献金を受けた問題は、東日本大震災発生当日の3月11日に表面化した。同日の参院決算委員会で、首相は献金を受けた事実を認めつつ、「外国籍とは知らなかった。外国人と確認されれば、全額返金したい」と答えた。/ その後、首相側は代理人の弁護士を通じて、3月14日に104万円を返金したことを明らかにし、その理由を「(男性が)韓国籍であることを公的な書面によって確認したため」と説明していた。/ これが事実なら、領収書はいつでも出せるはずだ。/ 政治資金規正法22条は、外国人や外国法人から寄付を受けることを禁じている。外国勢力の政治への影響を排除するためだ。/ 前原誠司前外相は在日韓国人女性から25万円の献金を受けていた問題で3月上旬、外相を辞任した。菅首相は、この禁止規定の持つ重大な意味を、もっと真剣に考えるべきだ。/ 一方、首相の側が拉致事件容疑者と関係の深い団体に寄付していた問題では、菅首相は一転、「申し訳ない」と被害者家族会に謝罪した。しかし、「そうした(拉致実行犯と近い)関係だったとすれば」などと前提をつけ、言い訳めいた謝罪だったのは残念だ。/ 参院予算委理事会で、野党側は首相の献金問題に絡み「政治とカネ」に関する集中審議を8月上旬に実施するよう要求しているが、領収書提出は2次補正成立前に決着をつけるべきだ。

菅総理はクリーンが売りではなかったのだろうか?それがいくつもの黒い噂が出てきてその事実関係を説明しようともしない。はっきり言って今こそ菅総理が総理としての説明責任を果たすべき時期なのではないのだろうか?
たしかにこの震災復興という非常時において、このような問題で総理の足をひっぱることは良くないという意見もあるかもしれない。でも被災地の選出議員である小沢氏はただの期ズレというしょぼい問題で起訴され、さらに党員資格停止処分をうけ政治活動に多大なる制限を加えられている。民主党自体で身内の足をひっぱっている状態であるから、自身も小沢氏と同じような社会的制裁をうけるのは当たり前のことである。

もし菅総理が年頭の挨拶で言った「政治の金」の問題に終止符をうちたいなら、総理大臣として国民に説明をおこない。改めて「政治と金」という社会的テーマの説明をすべきである。領収書を提出すれば、外国人献金があった証拠をみずから出すことになり、総理大臣退任とともに市民団体からの告訴状が認められ起訴されハイそれまでよという感じである。

身から出たサビというか、さんざん苦しむ同僚を見て見ぬふりをしてきた災いが自らに降り注いできたみたいである。菅総理の問題をワイワイ騒ぐマスコミや野党、小沢氏の問題のときに冷静な議論を紙面や国会にもちこんだ人は何社・何人いたのだろうか。

もし今この時点で菅総理のスキャンダルをいうなら、小沢氏の問題に関して司法的・政治的にどのような位置づけの問題だったと国会で説明して、その上で菅総理のスキャンダルをその座標軸上で比較検討しなければ、本当の意味で民主党としての政治と金の問題は解決しない。それをしないとまた新しいスキャンダルが生まれてきて何も国民のための議論に発展しない。

だから菅総理、今こそ政治と金の問題にたいして国会内の論理基準をつくり過去のスキャンダルを検証をしてみながらのスキャンダルの説明責任を果たしたらどうだろうか?いまこそ年頭の記者会見での公約を実行できるチャンスである。

時間がたてば新たなるスキャンダルが生じ過去の政治家のスキャンダルを国民は忘れてしまう。それを利用してはっきり説明しない議員。これは国民にたいして本当に失礼な行為だと思う。スキャンダルの問題性という判断を国会の場でしなければ、国民はどのスキャンダルが問題なのかわからなくなる。ただ騒ぐだけの議論なら声が大きい議院とか影響力のあるマスコミで御用コメンテーターを使いねほりはほり当事者のいかがわしい点をつけば誰でも悪者になってしまう。その顕著な例が陸山会問題であり、過去政治家を襲ったさまざまなスキャンダルである。せっかく選挙で選んだ政治家がつまらないスキャンダルで政治活動ができなくなる。それはその政治家を選んだ有権者には悲劇である。それはほんとに時間と税金の無駄である。国民はいつまでもカンケリをして遊んでいるほど暇ではないのだから、もっと真剣な議論をしてもらいたい。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
170/570