150/570

座っていることの苦痛

もう7月も来るというのに我が家ではまだ居間に掘りごたつを出した状態である。もちろん暖かくないが、脚をだしてお茶を飲むには都合がよいためという理由だけでしまおうとしない。ブログを書くとき、ここ数ヶ月掘りごたつのなかに脚をだしてパソコンをたたいているが、やっぱり1時間ぐらい同じ姿勢だと腰と肩に疲労がきて、疲れてしまう。

スポンサーリンク

変形性股関節症の人はデスクワークに向いているか?

中学・高校生時代、変形性股関節症の定期検査のときに決まって診断してくれたお医者さんから、将来は力仕事ではなくデスクワークしたほうがよいというアドバイスをもらった。今考えてみると。このアドバイスはほんとうに正しいのか誤っているのか、ほとほと判断がつきかねぬ。

実際、二十代の頃に内勤の仕事をしたことがあるが、内勤での業務は長時間椅子に座っているので腰に疲労がたまり、そのうえ脚の筋力が落ちてくるので長続きはしなかった。当時はまだ変形性股関節症に関する知識もほとんどなく股関節が全身に与える影響もまったく理解していなかったので、身体のだるさを業務上の欠点や人間関係のせいにして仕事から逃げていたような気がする。

それに反して適度に歩いている仕事のほうが何故か長続きした。歩いているほうがつらいはずなのに、座っている業務よりつらくなかったのは事実である。脚が痛くなれば歩くことなんてできないよと言われればそれまでだが、私の経験では座っている業務のときのほうが体重も増え膝等の痛みが出てきたこともあるので良いイメージがない。

たぶん今のように定期的のプールにいき、疲労がたまってきた状態とおもったらマッサージや銭湯・温泉にいくようなケアを心がけていれば、座っている業務でも勤まるかもしれない。でも長時間同じ姿勢でいることは結構つらくて、ましてPC等をたたいてなんという業務だとはたして集中力がもつか少々疑問である。

変形性股関節症の人はデスクワークに向いているか?症状の進行の度合いによると思うが個人的には向いていないと思う。私もそうだが股関節の悪い人はたいてい身体がゆがんでいる。身体がゆがんでいるひとが長時間同じ姿勢で座っていることは、ゆがんだ状態が長時間つづくことになり身体には良いこととは思えない。

座っていることの苦痛。これは体験したことがある人しかわからない苦痛である。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
150/570