182/570

懐かしいコラム⑩(翼をください)

先日、キッコーマンCM 「うちのごはん」に出ているタレントの森高千里さんを見たらご主人の江口洋介さんのことが頭に浮かんできた。高校生の頃の正月にみたNHK制作「翼をください」。たしか江口洋介さんはこのドラマがデビュー作だったとか・・・・・。すごく懐かしいドラマです。以前このドラマに関連したコラムを地元の新聞社に投稿していたので、今回掲載します。

スポンサーリンク

翼をください

先日高校の同級生にあった。双方共に公立高校受験を失敗した者であるため、ずいぶん昔の高校生活の愚痴話で終ってしまった。

ジェームス三木脚本「翼をください」というNHK制作のドラマは、公立高校と私立高校の学力格差や地元の偏見に悩む高校生の姿を描いたものだが、15年前のお正月に見た感動は今でも忘れられない。公立高校受験を失敗した者から見て、あれほど素直に生徒の声を伝えたドラマは例がないと思う。

近年古民家の再生が流行だが、木を素材とする日本建築につくづく感心する。永続性を意味する石を素材とした西洋建築にくらべ、再生を意味する木を素材とする日本建築は、生態系のサイクルに通じ、現在の自然保護を問題とする世相に符号する。

今年も公立高校入試が行われ、数名の生徒が不合格というらく印を押される。その生徒は友人と異なった状況におかれ、わずかな時間で二次試験の選択をしなければないないが、再生という言葉を思い出し頑張ってもらいたい。「翼をください」そんな心境に陥った経験は、再生するためのエネルギーになると私は今でも信じている。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
182/570