55/570

懐かしいコラム その7

以前地元の新聞社投稿したコラムです。

スポンサーリンク

わたしの季節

○○市長選挙も無事終了し、季節は冬に向かおうとしている。朝晩の冷え込みが酷く、夏の猛暑が懐かしく感じる。

今夏「わたしの季節」という映画が県内各地で放映された。重症心身障害児(者)施設「びわこ学園」を舞台に、入所者、家族、職員の姿を描いた映画は、様々な障害をもつ方の訴えが心に響く力作である。見終えた後の晴れやかな感覚が今でも忘れられない。

先月、障害者への福祉サービスを一元化し、費用の原則一割負担を求める障害者自立支援法が成立した。同法律案は昨年十月に発表され、今年二月法案化され国会に提出。先の衆議院解散に伴い廃案となったが、今国会にて成立し来年四月から施行という。新制度では応益負担というサービス量に応じて負担を求める仕組みに変わるが、発表から僅か一年の間で当事者やその家族の訴えは拾い上げられていたのだろうか

誰でも障害者になる要素をもっている。それ故に障害者福祉は無関心ではあってはならない。新制度の下、もし障害者になったとき本当に充実した日々が遅れるのか私は疑問に思う。雲行きはどんどん怪しくなるばかりである。

前々回の衆議院選挙以後に書いたコラムです。当時、障害者自立支援法のことがマスコミで取り上げられました。この後、この法案に関わった厚生労働省の女性官僚の方も捏造された罪状で起訴されとんでもない目にあっています。

今この問題のその後の状態を取り上げるマスコミはありません。正義感を装いいろいろ正論を述べ報道されるのは自由ですが、最後まできちんとその報道内容の結果を追っておしいものです。説明責任は政治家だけではありません。それを主張するマスコミの方が率先しておこなわないといけません。スクープで最初に報道するかぎり最後までその案件を追い、視聴者が納得する結果報道とその報道の仕方に対する説明をお願いしたいと思います。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
55/570