15/570

懐かしいコラム その3

数年前に地元の新聞に投稿したコラムです。憶えている方も多いかと思いますが、あれから日本の技術者の待遇はよくなったのでしょうか?

スポンサーリンク

かくれんぼ

「長い長いかくれんぼ」童話作家杉みき子さんの作品である。除雪作業が充実してない時代、雁木通り沿いの雪降ろしの際には、中央の道と雁木を繋ぐ雪のトンネルが作られたそうである。そこで遊ぶ子供の様子を描いた物語であるが、当時どんな空間だったのかと想像を掻き立てられる。

構造計算を偽った強度偽装マンション問題がクローズアップされている。この問題により国土交通省では建築士の免許更新を視野に入れた建築士法の改正など抜本的な改革に着手する方針のようだ。全国に30万人以上いる一級建築士の方はこの問題をどう感じているのだろうか。

建築家というと今年三月に亡くなった丹下健三氏が有名であるが、建築家が図面を引き全てを指揮した時期と現在とは比べ物にならない。高度化された設計は、複数の技術的専門化とそれを取りまとめる建築士がいて成り立つ作業である。

建築士はデザイナーの資格なのか技術者の資格なのか。今事件により構造や設備等といった技術的専門家の立場が確立出来れば良い思える。「もう、いいかい」関係者の声が聞こえてきそうである。

昨日の国会の様子を見ていると日本で一番有名な弁理士の方に「もう、いいかい」と呼びかけたくなりますね。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
15/570