18/570

手術痕

脚の付け根にはいまでも手術痕が残っている。その手術痕から1年から2年ぐらいの周期で黒い糸みたいなものが出てくる。コンマ数ミリの黒いカスみたいなものだが、必ずある決まった箇所から現われてくる。今月もいつものとおり黒いカスが見えてきて、まだ取れるのは早いと知りつつ、そこを強く押していたら傷がつき血が出てきてしまった。どうも黒いカスが出てくるポイントは身体のツボがあるみたいで、昔からそこを押すと必ず身体に電気が走るような激痛を感じていた。以前はこの黒いカスは手術でつかった糸だと思い込んでいた。でも手術から30年もたつわけだし、しかも身体のツボの上にあるわけだから、最近は身体の老廃物がでてくるのではないかと考えている。

スポンサーリンク

見えない箇所にある傷跡はどうすればよいのだろう。

先月11日から映画「あしたのジョー」が全国公開されている。この物語の主人公はジョーこと矢吹丈だが、影の主役はなんといってもジョーのボクシングの育ての親といえるボクシングジム会長の丹下段平である。丹下段平の風貌はインパクトのかたまりである。顔に無数の縫い目であろうか傷跡があり出っ歯でしかも片目ときている。アウトローをみごと表現しているキャラクターである。今回の映画では俳優の香川照之が演じている。

おなじ片目でもこれが少女マンガになるとどうだろう。例えば女優をめざす主人公の成長を描いた「ガラスの仮面」では、丹下段平とおなじような主人公を育てるポジションに月影千草という、これまた過去の舞台で片目を失って顔に傷をもつキャラクターが設定されている。

丹下段平と月影千草。片目であり顔に傷があり、さらに天才とよばれる主人公の才能を見出し育てるキャラクターである。男性と女性と違いはあるが、最大の違いは顔の傷のありようのような気がする。丹下段平の顔の傷はオープンで彼の顔の特徴になっているが、月影千草の顔の傷は髪で隠されクローズされている。

身体の傷は、個人のイメージを決定づける要素であるし、傷の扱い方でその人の内面を見る手がかりになるかもしれない。はたして見えない箇所にある傷跡はどうすればよいのだろう。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
18/570