517/570

書籍紹介「その股関節痛、切らずに治せます!」

少し古い書籍紹介記事ですが、紹介記事の内容が面白かったので投稿します。興味がありましたら、是非ご購入を!

  【新刊】『その股関節痛、切らずに治せます!』 ~80歳を過ぎても股関節の軟骨は再生する~ 一生、痛まない股関節で過ごす秘訣を公開!

  2014.02.14 プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】より  

スポンサーリンク

変形性股関節症の常識

変形性股関節症に対して、現在の整形外科では以下に挙げる3つは常識とされています。

(1) 変形性股関節症は一度発症すると治らない。痛みを我慢できなければ、手術をするしかない。

(2) その痛みの原因は、股関節の軟骨のすり減りである。軟骨は再生しないから、症状はどんどんひどくなる。

(3) 痛みの度合いは、股関節をレントゲンで撮って見れば、その変形の状態で推測できる。痛みの度合いと、股関節の変形具合はリンクしている。

そもそも変形性股関節症とは、女性に多く、そのほとんどが遺伝性です。持って生まれた骨の形状が、出産や年を重ねることで股関節に痛みや違和感として現れます。進行性の病気で治らない。いずれは手術しかないとされています。 しかし、そのほとんど常識とされていることが間違っているのです。(続き) ・・・・

【書籍概要】 書名 :その股関節痛、切らずに治せます! 著者 :矢野 英雄(富士温泉病院名誉院長) 定価 :本体1,400円(税込) 判形 :四六判並製、本文200ページ、カバー付き 発行日:2014年2月14日 発行所:株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )  

常識は正しい?

さて、股関節痛で悩まれている方は、どの人のアドバイスを信じたらよいのだろうか? 手術しかないというドクターもいれば、手術の8割が不要というこの本の著者のようなドクターもいる。医療は進歩しているというが、こと変形性股関節症に関しては、その目指すゴールが多様化している状態なので、本当に進歩しているのかなと思うことが度々ある。たしかに人工関節等の医療技術は進歩していると思うが、それ以外の医療的アプローチや医療サービスはどれほど進歩しているのだろうか。

正直、上記に書かれている変形性股関節症の3つの常識に関しては、中学の頃から聞かされてきたので、自分自身のなかでその常識を覆すには随分苦労した。何も専門知識のない人間に医者から真面目な顔で、将来こうなりますよと言われたら誰もそのアドバイスを信じてしまう。

素人の患者にわかりやすく説明しようとするドクターのアドバイスが、実は誤った常識をつくりだしている。 この常識を白紙に戻す方法は本当にないだろうか。この常識が治療法を混乱させて、様々な患者の症状を悪化させ無駄な手術へと導いていく。患者が望むのは痛みの除去であり手術ではない。痛みにたいしての正しい原因解明のアプローチ。その痛み除去のための治療法。この2点が正確に示されて常識化しれていけば、変形性股関節症の疾患はもっと初期の段階で痛みを除去できると思う。やはり関節症に関する常識撲滅運動といったキャンペーンをやらないと無理なのかもしれない。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
517/570