97/570

東電・えびす 二人の社長の土下座

「えびす」チェーン社長、報道陣を前に声を震わせ土下座で謝罪
2011.5.5 23:43 msn産経ニュース

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で発生した集団食中毒で、富山県砺波市の店舗で食事し、重症だった女性(70)が5日午前、死亡した。女性は4日に死亡した40代の女性の家族で、同チェーンの食中毒による死者は4人目。 チェーンを運営する金沢市の「フーズ・フォーラス」の勘坂康弘社長は5日午後、金沢市の本社前の路上で、集まった報道陣を前にひざまずき、「本当に申し訳ございませんでした」と声を震わせ、謝罪した。

なぜ無視してきた」「土下座しろ」 東電社長おわび行脚に町長、住民猛反発
2011.5.4 20:49 msn産経ニュース

東京電力の清水正孝社長は4日、福島第1原発事故の影響で県内に移転している広野町や浪江町、葛尾村の避難所などを訪れ、謝罪した。二本松市東和支所に役場機能を移した浪江町の馬場有町長は「なぜ無視してきたのか。謝罪が遅い」と不快感をあらわにした。町長はさらに、緊急時の通報連絡協定を守らず、「事故の翌朝まで一切連絡がなかった」と指摘。清水社長は「申し訳なかった」と謝罪し、事実関係を確認するとした。建物を出ようとする清水社長に、事故の影響で行方不明者の捜索が遅れた請戸地区の住民が「謝れ」「土下座しろ」と詰め寄り、社長らもその場で応じた。清水社長はこの後、同市内の避難所で約150人の住民に謝罪した。だが、「店舗改装の借金もある。首をくくるしかないのか」といった生活補償に関する質問に「承った。誠意を持ち対応する」と繰り返すだけ。「カスタマーセンターと一緒じゃないか」と怒り出す人も。「(原発立地町の)大熊町の避難所に食料などがあったが浪江にはなかった」と事故直後の東電の“待遇格差”を追及する人も相次いだ。

スポンサーリンク

二人の社長の土下座

二人の社長の土下座。東電の清水社長は東電を一人で築いたわけでもなく福島の原子力発電所の建設に社長として携わったわけではない。いままで経営方針に沿っておこなってきたサラリーマン社長だから、住民に対して本当に申し訳ないという気持ちはあまりなだいだろう。給与も50%カットされたが2000万近く貰えるし、ここを無難にのりきり退職金をもらって東電の関連会社に天下りすればいいや、なんて考えているのではないだろうか。

一方焼肉屋えびすの社長、起業から10数年で20店舗を構えるほど急成長をしたベンチャー企業の社長。そうとうのやり手でなければ難しいことである。責任は精肉卸業者にあると考えているかもしれないが、マスコミの前で土下座をすることは観念極まった状態にみえた。廃業やむなしという気持ちから出た行動だろうと推測する。

二人の社長は、国民に放射方汚染と食虫毒という被害をあたえた企業のトップであり加害者であるのだが、扱いがぜんぜん違う。何故か福島県全域に多大なる被害を与えた東電の社長は、その業務上の責任を追及されていない。一方焼肉屋えびすの社長は業務上過失致死の疑いで警察の取調べをうけている。国民に与えた被害の大きさははるかに東電のほうが大きいのに、その社長さんはお給料をもらいながら業務をつづけ福島の避難者の補償金費用を捻出するため電気料金値上げに奮闘している。

殺人狂時代

チャップリンの映画「殺人狂時代」において、”One murder makes a villain; millions a hero. Numbers sanctify”(「一人の殺害は犯罪者を生み、百万の殺害は英雄を生む。数が(殺人を)神聖化する」という有名な台詞がある。今回の2つの事件はなにかチャップリンのこの映画の台詞に似ているような気がする。小さな事件は裁かれ、想像を絶する大きな事件は裁かれない。仮に裁かれたとしても事件が収束を向かえたときである。福島の場合、原子力発電所の廃炉にかかる時間は早くても10年というから経緯がうやむやにされて国民の記憶から消されたときに裁判が始まるという行政必殺の時間差攻撃でことが終わってしまうだろう。

二人の社長の土下座。どうせ土下座をするのならマスコミのカメラの前だけでなく被害者全員一人一人にしてもらいたいと思う。特に東電の社長さんは何も罪に問われていないのだから、数年かけて土下座行脚をしてもらいたいと思う。それでなければ土下座をしてもらった避難者としてもらわない避難者で差別が生じて何かおかしい思う。被害の大きさは身をもって感じなければ真の誠意にはつながらないと思う。チャップリンの映画を現実化してはならないと思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
97/570