268/570

柔道整復療養費問題の記事を見て

柔道整復問題「保険請求の3分の1が大阪から」の怪
患者と柔整師が親子関係の場合も
2011年11月11日 12時0分 更新

あなたの健康百科 by メディカルトリビューン より転載
  身近な代替医療として国民に浸透している「柔道整復」だが、患者被害や不正請求の横行、国民医療費の伸びを上回るペースの療養費増加など、のっぴきならない状態になっている。この「柔道整復療養費問題(柔整問題)」について考える日本臨床整形外科学会のシンポジウム「国民の健康と医療制度を考える 行政刷新会議のその後―療養費審査について」が11月6日、東京都で開かれた。柔整療養費の請求額が突出して多い大阪府からは、大阪府医師国民健康保険組合の廣瀬一史理事が登壇。全国医師国保の柔整療養費の3分の1が大阪府からの請求である状態の適正化を目指し、始めた取り組みを紹介した。照会状の送付だけで3割減の効果も見られたという。

スポンサーリンク

療養費は全国で年間3,484億円

  柔整にかかる療養費は、1999年度の2,655億円から伸び続けて08年度には3,484億円と10年で3割増えた(厚生労働省保険局医療課推計)。国民医療費の総額がその間ほぼ横ばいであることを考えると、無視できない規模になっている。

柔整には、柔道整復師が患者に代わって自己負担分以外の額を保険者に請求できる「受領委任払い」の仕組みがあるが、その給付の対象は本来、医療機関の治療を受けていない外傷(打撲やねんざなど)のみ。神経痛、関節リウマチ、肩凝り、腰痛などの慢性疾患に対するマッサージは給付対象となっていない。
これを給付対象とするために、肩凝りを「腕や足のねんざ」、関節痛を「3カ所以上の骨折」などと偽り、部位を水増しし、数カ月たったら受傷部位を変える、医師の同意も捏造(ねつぞう)するといった不正が横行しているのが、現在の柔整問題だ。圧迫骨折や悪性腫瘍の見逃しといった患者の健康被害も多くあり、2009年の行政刷新会議事業仕分けでは「見治しが必要」と結論された。その結果、10年度からは、4部位目の給付率が33%からゼロに引き下げられるといった算定見直しが通知されている。

こうした問題視の影響があってか、これまで増え続けてきた柔整師養成施設数および試験合格者数に、2010年度になって初めて歯止めがかかった。09年度までに104施設定員9,205人だった養成施設数は、10年度には102施設定員8,787人に減少。国家試験合格者数も5,570人(合格率77.8%)から4,592人(同69.3%)に減った。
膨れ上がる柔整療養費の支払いに悩む保険者側も、対抗策を講じ始めている。かつて「不支給処分などとすると、審査員の個人宅に脅迫電話が掛かってくる。代理業者も嫌がる」と避けられてきた部分だが、保険財政の逼迫(ひっぱく)した状況から重い腰を上げざるを得なくなった状況だ。

続きは あなたの健康百科 by メディカルトリビューンをお読みください。

不正請求があるから社会的に問題という主張。では接骨院等を開業している人達が不正請求で多くの収入を得ているのだろうか?もし不正請求をして多額の利益をだしているというのならものすごく問題であるが、そうでなければ問題は別のところにあるような気がする。

接骨院に関しては成人してからお世話になったことがないのでどのような対応をしてくれるのかわからないが、たぶんこのご時勢、顧客の注文に応じなければ経営が苦しいのだろう。このようなニュースが流れ一番困るのは昔からコツコツ接骨院等を経営してきた人達ではないかと思う。

そもそも「神経痛、関節リウマチ、肩凝り、腰痛などの慢性疾患に対するマッサージは給付対象となっていない」、このシステム自体がおかしい。マッサージも十分な経験とトレーニングを積んだ人が行えば下手な病院で行う治療より十分効果があり患者のためになると思う。

だから医療行為の準ずるマッサージや運動療法等に適応する保険を別個につくってしまうのも一つの方法なのかもしれない。現状、医療にかんする保険のなかで医療行為として認められてないマッサージ等の行為を認めさせようとするから問題なのであって、別個の保険を新しくつくってしまえば何も問題はおこらないと思う。

痛みで困っている人からみれば、医療費が増大したから問題だという発想ではなく、このような関節痛等の慢性疾患患者にたいして何も対応策をとらない国や医療機関のほうが問題なのではないかと思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
268/570