164/570

椅子の高さ、ブログの書きやすさ

この2週間押入れにしまってあったパソコンデスクを出して、そこでブログを書いていた。最初適当に家にあった木製の丸椅子に座りながらブログを書いていたのだが、1時間もたたずに腰が痛くなることに気がついた。以前、椅子に座っている仕事はつらいとブログにも書いたが、それでも6時間、7時間座っている状態での作業だったので1~2時間でダウンとは、ちょっと不味いと思い自分の姿勢の悪さを検証してみた。

スポンサーリンク

椅子は高さ調整ができて、背もたれがある大きな椅子にかぎる

まず丸椅子、高さ調整ができないことと椅子の硬さがもろ腰に跳ね返ってくる。さらに椅子事体の面積が小さいため脚を動かして座るヵ所を変える動作に制限が加わっている。私の場合、たいてい腰が痛くなると椅子に座る状態から椅子の上で正座をする姿勢になる。それでも身体が楽にならない場合は椅子から立って立ちながら作業をする。それで疲れてくるともう床の上にすわって完全にダラダラモードになっていく。

翌日、近くのホームセンターで低反発用のクッションを買って丸椅子の上におき、その日パソコンに向かったが、何故か前の日より腰の痛さがひどくなっていった。よく脚元をみてみると、椅子の高さが以前より数センチ高くなり両脚が床つきにくくなっているために体重がじかに腰にかかっていることがわかった。椅子に座る場合、体重を両脚と腰の3点で支えるがこれでは1点で体重を支える状態になり、いくら低反発でも無駄である。

うーん椅子の座り心地が大切なんてブログで書いておきながら自宅の椅子は適当なんてちょっと問題だと思い、そのクッションをあきらめ翌日同じホームセンターで業務用の椅子を購入した。

やはり椅子は高さ調整ができて、背もたれがある大きな椅子にかぎる。大きな椅子であると脚を動かすことができるし、背もたれは胸をはり身体を後ろにそらすことが疲れをとることができる。高さ調整はパソコンを打ったり資料を見る場合、用途に応じて姿勢を変えることができる。椅子は大切、ブログを書いている時間だけはチェアパーソン (chairperson)だから。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
164/570