295/570

欧州の大関節再建インプラント市場、2016年には28億米ドルを超える見通し:ニュースを聞いて

欧州の大関節再建インプラント市場、2016年には28億米ドルを超える見通し
[株式会社グローバルインフォメーション]

2011年12月27日11時0分 asahi.com(朝日新聞社)より転載


(News2u) – リリース日:2011年12月27日
リリース発行企業:株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバル インフォメーションは、ミレニアムリサーチグループが発行した報告書「European Markets for Large-Joint Reconstructive Implants 2012 (欧州の大関節再建インプラント市場:2012年)」の販売を開始しました。
欧州の大関節再建インプラント市場は、2016年まで穏やかな成長を遂げてきました。処置数は上昇するものの、平均価格が下落するため、年平均2%の成長となる見込みです。
2016年には、同市場は、28億米ドルを超える規模になると予想されています。
すでに成熟化した股関節インプラント部門より、膝関節インプラント部門の成長率がいくらか大きくなる見通しです。
65歳以上の高齢者人口の割合や、変形性関節症および肥満症の有病率が増加しています。これによって、大関節再建インプラントの処置数は、2016年まで年平均3%位で増加する見込みです。
しかし欧州各国政府は、複雑で限定的な承認方法を通して、あるいはメーカーにインプラント価格を下げるよう強く働きかけて、医療経費を抑えようとしています。
再建膝関節インプラントが欧州に導入されたのはごく最近で、股関節インプラントより後です。したがって、股関節インプラント市場は比較的飽和状態にあります。膝関節インプラントには需要があるため、膝関節インプラント処置数の成長率は、股関節インプラントより多少大きくなるでしょう。
平均価格が高いこともあり、2015年には膝関節インプラントの市場規模は、股関節インプラント市場より大きくなると予想されています。


市場調査レポート: 欧州の大関節再建インプラント市場:2012年
European Markets for Large-Joint Reconstructive Implants 2012
http://www.gii.co.jp/report/mrg225461-european-markets-large-joint-reconstructive.html
出版日 2011年11月
発行: Millennium Research Group

 

 

スポンサーリンク

アメリカの人工関節市場もすごいけどヨーロッパもとんでもない市場

「65歳以上の高齢者人口の割合や、変形性関節症および肥満症の有病率が増加しています。これによって、大関節再建インプラントの処置数は、2016年まで年平均3%位で増加する見込みです。しかし欧州各国政府は、複雑で限定的な承認方法を通して、あるいはメーカーにインプラント価格を下げるよう強く働きかけて、医療経費を抑えようとしています。」

どこの国でも財政は火のくるま、医療経費を抑えることが緊急の過大であるから人工関節等の高額な治療法は槍玉にあげられる。

アメリカもすごい市場だけどヨーロッパもとんでもない市場。日本も同様な状態だから高額な治療より運動療法等をとりえれた安価な治療法の普及を国が率先して行うべきだと思う。そのほうが医療保険の軽減につながる。

でも行政は経費がかからない政策は絶対しようとしない。人工関節市場も原子力発電所と同じである。高額な市場があるから変えようとしない。国民の健康維持・社会保障という名目で高額な公的資金がその市場に流され一部関係者の懐が暖かくなる。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
295/570