439/570

温泉藻類RG92が関節痛・皮膚炎・脱毛を改善(ニュースより)

おもしろい記事なので掲載します。藻から抽出される成分に炎症作用があるなんてはじめて知りました。これまで温泉というと、お湯の成分や天然放射能によるホルシミス効果が身体に良い影響を与えるとばかり思っていましたが、そればかりではなく温泉に生息する藻が身体に有効とは正直驚きました。それにまだ分類が定まっていない藻があるなんて、さらに驚きです。

スポンサーリンク

温泉藻類RG92が関節痛・皮膚炎・脱毛を改善  ~別府温泉の「癒し」の秘密に迫る~

プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】より2015.04.01 13:00
別府の温泉資源を活用し、ヘアケア、スキンケアに関する研究・開発を行う株式会社サラヴィオ化粧品(本社:大分県別府市、代表取締役社長:濱田 拓也)は、別府温泉から発見した新型藻類RG92について研究を進めてきました。RG92から抽出される天然の糖脂質(RG92糖脂質)は、高い抗炎症作用をもつことが明らかになっており、これまで医学会などでの学術発表を重ねてきました。

 今回、各種の疾患モデルを用いた解析から、関節痛・肌荒れ・頭皮湿疹などの症状改善におけるRG92糖脂質の作用機序が明らかになりました。この研究成果を日本薬学会第135年会(神戸)(3月25日(水)~28日(土)兵庫県神戸市 / http://nenkai.pharm.or.jp/135/web/index.html )において発表しました。

【研究の背景】
温泉水源には未だ同定されていない固有の藻類(酸素発生型の光合成を行う微生物)が生息しており、これらから得られる有用成分は産業的応用価値が高い可能性があります。そのため、新規微生物の探索に関して世界中で激しい競争が繰り広げられています。

 当社は世界一の泉源数を誇る別府温泉の天然資源を「美容と健康」の促進に役立てるため、温泉研究を進めてきました。その結果、数々の新規藻類を発見し、それらから抽出した糖脂質の抗炎症作用を見出しました。新規藻類のうち、RG92は含有している糖脂質の抗炎症作用が高いことから、医療、健康分野への応用が期待されています。今回、RG92糖脂質がどのような仕組みで関節、肌および頭髪に関する諸症状を改善するのかを解明しました。

【研究成果の概要】
(1) RG92糖脂質は関節細胞の炎症を抑え、鎮痛・回復効果を示す
炎症をおこした関節滑膜組織では、滑膜細胞やマクロファージから炎症性サイトカイン(IL-1β、IL-6、TNF-αなど)が放出され、臨床的にも、これらの抑制剤が炎症を抑制することがわかっています。RG92糖脂質は、滑膜細胞の炎症モデルにおいて炎症性サイトカインおよび痛覚を過敏にさせる因子NGFの発現を抑制することがわかりました。

 さらに、リウマチ患者由来の滑膜細胞においても軟骨破壊に関与する細胞外基質分解酵素(MMP-3)の産生を抑制しました。同時に、軟骨成分9型コラーゲンの発現を上昇させ、細胞の老廃物を除去するオートファジー機構を亢進させたことから、RG92糖脂質は関節機能の回復にも関与することが示唆されました。

(2) RG92糖脂質は皮膚細胞で抗炎症作用、抗老化作用を示す
皮膚は外部因子として紫外線によるダメージ、化学物質による痛みや痒みが生じ、内部因子としても老化の原因となる酸化や糖化などのストレスを受けています。皮膚炎モデルの細胞において、RG92糖脂質は各種の炎症性サイトカイン、痛みや痒みに関与する因子、ニキビの悪化に関与する因子の発現を抑え、炎症反応の進展に関与するCOX-2の酵素活性も低下させることが見出されました。

 一方で、RG92糖脂質は各種のストレス環境下において皮膚細胞の生存を維持させるほか、細胞の老化に抗する長寿遺伝子(SIRT1やSIRT4)などの発現を増大させることがわかりました。RG92糖脂質はこれらの因子の発現や機能を複合的に調節することで、様々な皮膚トラブルを改善し、健やかな肌の状態へ回復させると考えられます。

(3) RG92糖脂質は炎症や糖化(老化)を伴った脱毛を抑制する
炎症性サイトカインの添加や糖化ストレスをかけた毛乳頭細胞の炎症モデルにおいて、RG92糖脂質は各種の炎症性サイトカインの発現を抑制しました。RG92糖脂質は、頭皮や毛包での炎症や老化を抑えることで脱毛を防ぐことが示唆されました。

(4) 身体の各種トラブルに対するRG92糖脂質の改善効果
RG92糖脂質を含むローションを作製し、モニター被験者に施用してアンケート調査を行いました。関節痛やアトピー性皮膚炎、ニキビなどの炎症性疾患が改善された例のほか、肌荒れや筋肉痛、むくみなどの改善もみられました。

【今後の研究】

 本研究によってRG92糖脂質は各疾患における抗炎症作用、鎮痛作用や組織の回復促進効果をもつ天然成分であることが示唆されました。さらに、長寿遺伝子などの発現を調節して健康や美容を促進する効果もあわせもつことがわかりました。これまで注目してきた抗炎症作用のほかにも、健康や美容に関する諸効果が発見されたことから、今後は、それらの効果も視野に入れて新商品の開発を進めてまいります。
これらの成果を受けて、本年2月にはJapan Venture Awards 2015(新たな事業の創出や市場開拓に高い志をもつ企業を称える表彰制度)において、“幅広い効能をもつRG92の将来性と、この効果を応用した社会貢献への取り組み”が評価され、「地方創生特別賞」を受賞しました。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
439/570