45/570

炭酸風呂

スポンサーリンク

炭酸風呂の効果


炭酸ガス(二酸化炭素)を含む温泉毛細血管を拡張して、脈拍を上げずに血液循環を促進する(血行をよくする)働きがあり、心臓に負担をかけずに体を良く温めて、疲労回復や高血圧、慢性消化器疾患、動脈硬化症に効果を発揮します。

入浴により炭酸ガスが皮膚から吸収されると、血液中の二酸化炭素が増えて、体が酸素不足と感知し、細胞組織が酸素を要求して、それに応じて血管が拡張して血流が増します。

血流が増す=血行が良くなると言う事は、血液中の酸素や栄養素が増え、筋肉疲労の元となる乳酸や二酸化炭素、老廃物などの排出が促され、体の中が浄化されるのです。それだけでなく、数日毎に入浴して血管拡張を定期的に行うと、血管の柔軟性・弾力性が増して、血管自体が若返り、動脈硬化の進行を抑える効果も期待できます。

また、筋肉痛になったり、仕事などで体が疲れた時には最適な温泉成分は二酸化炭素泉と言えます。

―関東周辺ン子供と日帰り温泉だよ:http://www.spadayo.com 温泉ソムリエのちょっと解説 自宅で炭酸風呂 より―

暇さえあれば炭酸風呂に入っている

今年にはいってから自宅近くのスーパー銭湯に炭酸風呂が加わり、暇さえあればそこに行き炭酸風呂に入っている。脚の疲れもとれ体重が落ちているのはそのせいなのだろうか?炭酸風呂に関して、かるくPCで炭酸風呂と検索をしただけでも、ダイエット効果があるとか健康にいいとか、良い内容の記事がヒットする。やはり効能はあるみたいである。

私がいく入浴場の炭酸風呂は人気が高い。炭酸風呂に入っていると、必ず来ているメンバーが決まっていて、「あの人一昨日も来ていたよな。」「あの人もそうだ。」なんてことは1回2回ではない。まあ全員60歳以上の高齢者で脚に持病を抱えている人であるが、私も他に人と同様に見られているのだろう。

炭酸風呂は入ると炭酸の泡が皮膚につくし、飲むわけではないがお湯の味も他のお湯とはちがう味がする。1回20分入っていようと頑張るのだが、ちょっと苦しい。あがった後、ちょっとクラクラする。でも体重の落ち方は他のお風呂にくらべかなり大きい。水分が汗となって出ていくということなんだろうと思うが、それだけ血行がよくなっている証拠なのだから良しとしなければ。

炭酸風呂に入りながら今日のブログは何を書こうかと考える。節電、地球環境、エコ、二酸化炭素削減・・・・。あーそうだ炭酸風呂は二酸化炭素を吐き出しているお風呂なんだ。二酸化炭素、気候変動の全ての原因を負わされ、二酸化炭素に対するやめろやめろの雨あられ。でも炭酸風呂に入っているとそんなことはどうでもよくなってしまう。よくわからないけど本当はいい奴だったりして。

人間とは勝手なものである。目的達成のために切り捨てようとしていたものが、逆にそれが自分にプラスになるものとわかった瞬間、それがすべてOKとなってしまう。どこかの政治家のように

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
45/570