210/570

真直ぐ歩く(週末のトレーニングメモ)

プールでのトレーニングについて書かれてします。真っ直ぐ歩くことがなかなか難しいです。

スポンサーリンク

プールでのトレーニング

今週は3回プールにいった。内容は以下のとおり。

●火曜日
・水泳:平泳ぎ400m、バタ足200m、クロール100m
・歩行:腕を振っての前進歩行(5分~10分)

●金曜日
・水泳:平泳ぎ400m、バタ足200m、クロール100m、背泳ぎ等
・歩行:腕を後ろでロックしての前方・後方歩行 各10分×2セット(計40分)、横歩行(5分)

●日曜日
・平泳ぎ400m、バタ足200m、クロール100m、背泳ぎ等
・歩行:腕を後ろでロックしての前方・後方歩行 各10分×2セット(計40分)、横歩行(5分)

最近、ちょっと体重が増えてきているので、今週はちょっと無理をして通常の2倍のトレーニングを2回もおこなった。以前はちょっと無理をするとすぐ筋肉痛になったのだが、金曜日の翌日はとくに筋肉痛の症状がなくいたって普通に動けた。今日も金曜日と同じようなメニューをおこなったが明日どうなるのだろうか。冬だと危険であるが、この気温なら大丈夫のような気がする。

さて火曜日は軽めのメニューであったが、金曜日と今日は歩行に重点をおいたトレーニングをおこなった。いままでは前進歩行をしたら次は後方歩行とある一定のメニューを1回したら運動を終えていたが、今週は時間もあったので今までおこなってきたメニューを2回繰り返しておこなった。

真っ直ぐ歩く

歩行に関しては、今週からできるだけまっすぐに歩くように心がけた。でもこれがなかなか上手くできない。各コース床のセンターに引いてある白線の上を歩こうとしたのだが、後方歩行に関しては、あっちにふらふら、こっちにふらふらと一定の方向に歩くことができない。ほんとに痛んでいる左脚の太股をまっすぐに上げて、まっすぐに下げてことが難しいことがよくわかる。

私の場合、子どもの頃の手術後につけられたギブスの影響で、膝に向かって大腿骨が内側に向いている。真直ぐ歩けないのはその影響だと思うが、ここを矯正しないと上手く脚に体重がのらないので、筋力も常時維持することがむずかしいと思う。常時斜めに向いた状態で体重移動をかけているから、特定なところに負荷がかかり、また負荷がかからないところは筋力の維持が難しくなる。ほんとうに微妙な身体の角度で、筋力がついたりつかなかったりすると思う。

来週もまた同じように水中歩行を行うと思う。前方歩行は真直ぐ歩くことができるのだから、後方歩行もいつかできるようになるだろう。義務で運動をしているわけではないのだから、気楽にのんびりやっていきたいと思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
210/570