459/570

続・靴下

靴下について、以下の記事は4年前に書いた投稿記事ですが、あれから状況は何も変わっていない気がする。あいかわらず靴下を履く作業は朝の大仕事。けっこう急いでいるときは独りでイライラしながら靴下を履いている毎日である。

しかし靴下の脱着といい足の爪切りといい、ほんの些細な行動がうまくできない。単に身体が硬いと言われればそれまでのことであるが、これがこの疾患の悩ましきことだといえる。

最近、就寝時に痛いな痛いなと思いながら寝ているときがある。夢なのか本当に痛いのかよくわからないので少々困っている。いろいろ考えてみたが、これは昼間身体を動かしているので他の身体的ストレスが股関節の痛みを打ち消し脳が痛みを感知していない反面、就寝時は他の身体的ストレスがなくなるので脳が勝手に股関節の痛みを感知していのかもしれない。でも痛い夢とも考えられる。どちらなのだろう?

靴下を履く動作は痛みをともなうものではない。これが出来なくても日常生活に大きな支障を生じることはない。でも毎日の生活においてこの一連の儀式が自分に脚が悪いというマイナスイメージをうえつける。意識しなくても不便な行動を毎日取り続ければ、脳が勝手にまた脚が悪いと感知してしまうかもしれない。そうならないように悪いイメージが現実化しないように前向きな気持ちで靴下を履けたな良いと思う。  

スポンサーリンク

靴下

靴下
変形性性股関節症である管理人が感じた靴下に関するコラムです。 靴下 変形性股関節症の症状の例として靴下の脱着のことがあげられる。30代に入り脚のことに不安を覚えて変形性股関節症の関連本を書店で...

変形性股関節症の症状の例として靴下の脱着のことがあげられる。

30代に入り脚のことに不安を覚えて変形性股関節症の関連本を書店で立ち読みをした際の印象は、「あれ靴下なんか小学生の頃からうまくはけなかったよな」である。よく考えてみるとあぐらもかけないし、脚の爪もうまく切れない。うーんやっぱり私は変股症。しかも本を読んでいくと、なんとこの疾患は身体障害者にも認定される疾患。えー私って障害者。どうしてそんな大事なことを誰も教えてくれないのだろう。中学生のころから、その危険性があるのに誰も教えてくれないなんて、やっぱりおかしい。

手帖の有無は、プールに通う身としては大きな意味をもつ。利用料金が変わるからだ。障がい者にならないように努力している身からしてみると、障がい者の認定をうけてからその努力をしたほうが良いような感じがするが、障がい者認定イコール過酷な痛みとのバトルであるから、そのバトルに参戦したくはないので私は逃げて逃げて逃げ回ろうと思う。決して敵のことを記憶のなかから消去するのではなく、敵を見張りながら敵以上のパワーを身につけて、風のようにしなやかに逃げていこうと思う。

靴下をうまくはけるようになるには、関節のやわらかさと脳から発信される命令がセットでないと無理だと思う。靴下の履き方を憶えているのは右脚であり、左脚は靴下の履き方を忘れているらしい。子供のころ簡単にできた動作が簡単にできなくなってきている現在、子供のころからできなかったことが出来るようになれば、時間を逆転していくようなイメージがわく。ひょっとして時間とともに進行するといわれている疾患も治るのではないだろうか? 靴下の脱着のイメージで希望がわくなんて、明日になっていざ靴下を履こうとするとさりげない些細な変股症の現実が待っている。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


459/570