184/570

脚・腰のバランス(週末のトレーニングメモ)

水中運動における呼吸について書いてあります。

スポンサーリンク

呼吸と同時に大切であると感じるのは脚・腰のバランスである

今週は3回プールにいき3回ともに45分間の水中歩行を行った。
最近、水中歩行をしていると呼吸の仕方が大切であるとつくづく感じる。不思議なことだが、プールになかでゆっくり歩いていると15分から20分ぐらいで自然に大きく息をすいたりはいたりするようになる。普通に考えると早く歩いたほうが呼吸には良いようにおもうが、これが全くの逆でゆっくりゆっくりストライドをひろげて一歩一歩ストレッチをするような感じであるくと何故か呼吸もその歩きのリズムにつられて大きく大きくすったりはいたりするようになる。だから30分以上歩くと結構疲れるので、プールでの歩行は長くても45分程度にとどめている。

呼吸と同時に大切であると感じるのは脚・腰のバランスである。普段、ふつに歩く場合、脚以外に腕などをつかい身体のバランスをとって歩いている。だからこれと同じような姿勢で水中であるいても、結局脚・腰のバランスのの悪さを腕の振りでカバーする状態になり下半身に伝わる負荷が軽減されてしまう。ダイエット等で水中歩行を行う場合は腕を振って肩甲骨を刺激して歩いたほうが効果があるとおもうが、こと下半身強化においては腕の振りを抑えて脚・腰だけの状態で歩いたほうが効果があると思う。それに両手を後ろで組んで腕の振りを抑えた状態で歩くと脚腰のバランスの悪さや左右の脚力の違いがダイレクトでわかり非常におもしろい。

この歩き方にかえてから約1年たつが、最近いかに日常に生活で腕の振りでバランスをとって歩いているかが身にしみてわかる。普段腕の筋肉が張り肩がこる原因のひとつは足腰のバランスの悪さを腕の振りでカバーしていたことであり、それを認識できただけでもこの1年間の成果であったのかなと思う。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
184/570