219/570

落し物

プール施設での落し物について書いたコラムです。

スポンサーリンク

プール施設での落し物

ここ1ヶ月前から私が利用するプールのエントランスホールで施設内の忘れ物・落し物の提示がされている。過去に施設内での届けられた忘れ物・落し物を掲示して、もし持ち主が忘れ物・落し物を見つけたら持ち主に返す意図みたいだが、はたしてどれくらい人が過去に亡くしたものをその掲示物から見つけ名乗りでるのだろうか?ちょっと気になるところである。

プール関連の忘れ物というと、やっぱり水中メガネ。今回の忘れ物・落し物の掲示物にも、何個かあったと思う。過去に私も水中メガネをそのプールで失くした経験がある。たしかプールにから出てシャワーを浴びようとメガネをシャワー手前のベンチに置いて、シャワーを浴びてそのまま着替え買えってきてしまった。家に帰ってきて荷物をみてはじめて気がついたときは、もう時すでに遅し。翌日プールの事務所に問い合わせても落としものとして届けられておらず、結局そのメガネは手元に戻ってこなかった。

落し物 戻ってくるものと戻ってこないものの差

水中メガネは戻ってこなかったが、携帯電話は過去2回、財布は1回落としたが、いずれも何故か戻ってきた。財布にいたっては利用したバスの中で落とし、そのバスを利用した乗客誰もがその財布を気づかず、運行を終えて運転手さんがバス乗客席の点検・確認をしている最中に見つけたというのだから驚きである。

もどってきた財布、たしかに古い財布であったが、いくらかの現金が入っており銀行のキャッシュカードも入っていた。だから半分は諦めていたが、戻ってきたときは本当にラッキーという感じでうれしかった。半日以上もバスの床上に転がっていた財布。誰も気づかれずにただ拾ってくれるのを待っていた財布。たまたま見つけたのが運転手さんだったから良かったものの、もしちょっと魔がさした人が拾ったら、現金だけ抜き取って財布は路上のゴミ箱にでも投げ捨てられていたかもしれない。

落し物。戻ってくるものと戻ってこないものの差とはなんなのだろう。そしていつまでもわからない落し物。落し物と同じように何かもっと大切なものを日々の生活で落とし忘れているような感じがするが、それが何なのかわからない。プールの水の泡のように、おぼろげにあらわれては消え、またあらわれる。脚がわるくなったときに落としてきたものなのか?それとも社会生活で落としたものなのか?心の中での落し物はいくら探しても見つからない。漠然とした不安は、落し物に気づいた直後の感覚とよく似ている。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
219/570