452/570
»

貧乏揺すり

貧乏揺すり(びんぼうゆすり)とは、座っている時などに、下半身の鬱血などが原因で身体の一部(特にヒザ)を揺らし続けることをさす。大抵の場合において、貧乏揺すりをしている人は、人に指摘されるまで気づかないことも多く、無意識に癖としてやってしまうことも多い。また、多くの場合において、悪い癖だとされる。

(Wikipediaより)

貧乏ゆすりの由来は多々ある。高利貸しが貧乏人から取り立てる際に足をゆすることが多かったから、足をゆすると貧乏神に取り付かれるといわれていたから等、あまり良い意味では用いられていなかったように思える。

スポンサーリンク

貧乏ゆすり(ジグリング)は一部の病院では変形性股関節症の治療として用いられている。

貧乏ゆすりはジグリングと呼ばれ、一部の病院では変形性股関節症の治療として用いられている。貧乏ゆすり(ジグリング)を行うことにより股関節周辺の筋肉がゆるみ臼蓋と大腿骨頭の隙間が開き、滑液による栄養供給が軟骨にいきわたり軟骨が再生されると言われている。しかし軟骨再生のメカニズムが完全に解明されているものではない。だから貧乏ゆすり(ジグリング)が全ての人に効果的とは言えない。

私はジグリングを意識しておこなった経験はない。だからジグリングの効果は正直わからない。でも水泳のバタ足がジグリングと同様な効果があるのではないかと思うので、プール以外の日常のトレーニングに取り入れれば更なる効果は望めるのではないかと考えている。

ジグリングの効果はさまざまな近年マスコミにとりあげられ、股関節症ではない人でも認知されている。ほんとうにジグリングが軟骨再生に十分な効果があるなら、もっと積極的に股関節症の治療法として普及してもらいたいと思う。 足をゆすると貧乏神に取り付かれるといわれていた貧乏ゆすり。手術等高額な医療費がかかる変形性股関節症の治療が、費用がかからないジグリングで対処できてしまうとなると、病院はまさに貧乏神に取り付かれてしまう。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
452/570