221/570

軟骨の再生医療

NEDO、耳の軟骨から鼻の骨を再生させる技術を開発 – 臨床研究を東大で開始

股関節症に関連する要点は以下の3つだと思う。 ①日本では、口唇口蓋裂の鼻の変形や小耳症、変形性関節症などを合わせると2000万人以上の人が、軟骨の何らかの病気にかかっているといわれている。 ②再生医療は、患者の身体の細胞や組織の一部を取って試験管の中で培養し、必要な組織や臓器を再生させて治療に使う医療で、自己修復する力に乏しい軟骨に対しては、体外で培養して人工的に軟骨をつくる再生医療の導入が期待されている。 ③今回開発された技術は耳の目立たない部から採取されるわずかな軟骨を使用して、再生させるもので、耳の変形、気管の軟骨の欠損、そして将来は関節の軟骨の再建などに応用できるものと期待されるという。

スポンサーリンク

再生医療が開発され普及したら劇的に変形性股関節症の治療法は変わる?

この技術は変形性股関節症に悩む人達を救うものにつながると思うので、是非成功して関節の軟骨の再生医療まで伸ばしてほしいと思う。より寿命が長い人工関節の改良も大切であるが、この技術はそれ以上に大切であるかと思う。要は一般患者の治療に応用できるかということと、どのくらいのスピードで実用化され、その開発コストはどれくらいかかるかという問題だと思う。

医療の将来性を考えたら再生医療のほうがより重要かとおもうが、何時実用化させるかわからないものを期待しても病気の進行や激痛は待ってくれない。再生医療に期待しつつ、運動療法をしながら駄目なら手術という流れはとうぶん変わらないのかもしれない。 でも軟骨の再生医療が開発され普及したら劇的に変形性股関節症の治療法は変わると素人ながら期待してしまう。このような技術は本当に必要だと思うので、是非国や様々な関係機関の前面的なバックアップをお願いしたい。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
221/570