507/570

過去の人工股関節訴訟ニュース

アメリカ社会は日本とは全然違うということがわかる記事。2年前の記事であるが、日本で同様な問題が起きた場合どのようになるだろうか。医療機器をめぐる訴訟が起きるだろうか?それとも患者一人一人が泣き寝入りして個人で再手術等を黙って行ってしまうだろうか? 今後医療技術の進歩により人工関節の患者が現在より増加し、それにより様々なトラブルが起こることが予想される。だからそれらトラブルを防ぐ意味で、人工関節も自家用車のようにメーカーの選定から機器の性能・安全性を患者自ら確かめ患者自らの意志で選択する時代になるかもしれない。10年後だろうか、それとも5年後、日本はアメリカ社会を追従するのだろうか。それとも日本独自の人工関節市場を確立していくのだろうか。ひじょうに興味深いことである。  

スポンサーリンク

人工股関節訴訟ニュース

米J&Jが人工股関節訴訟で和解、40億ドル強支払い-関係者  2013/11/13 Bloombergより

11月12日(ブルームバーグ):ヘルスケア製品最大手、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J )は人工股関節のリコールをめぐり患者が起こした米国内の訴訟で、総額40億ドル(約3990億円)強を支払う和解合意に達した。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。医療機器をめぐる米賠償訴訟の和解金額では過去最大となる。 省略 これらの訴訟では既に人工股関節を除去した患者が同製品の不具合を主張した。 同関係者によると、J&Jは人工股関節除去1件につき平均30万ドルを支払う。ただ合意は、人工股関節の不具合が将来発生した場合、患者が補償を求めることを妨げるものではない。これは補償総額に上限がないことを意味するという。 省略 デピューの人工股関節をめぐっては約1万2000件の訴訟がオハイオ州やカリフォルニア州、ニュージャージー州の裁判所で起こされている。これには今回の和解対象の約7500件が含まれる。  

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
507/570